体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バイク買取業者が自宅の敷地に侵入する件

盗難下見業者_R

いつもの様に愛車『DRZ-400SM』で颯爽と出勤しようと思ったら、またまたバイクのハンドルに

「あなたのオートバイ高く買い取ります」

みたいな張り紙がしてある次第…何度目であろうか? そもそも「オートバイ買い取り業者」みたいな輩が勝手に人の敷地に進入してオートバイを品定め(物色)する権利などあるのだろうか?

と、言うのはオートバイを所有している人なら何度も経験していると思います。最初は無視していても、何度も何度もしつこく張り紙をし、苦情の電話をしても「買い取り業者」の会社の名前が変わっては張り紙をしてゆくの繰り返し。
筆者も最初の頃は無視していましたが、徐々にエスカレートしてきて最近では

「貴方のオートバイを6万円で買い取りします」

などと、勝手に査定まで始める始末。流石にキレました。オメーどこの世界に『DRZ-400SM』を6万円で売るバカがいるんだよ糞野郎が!

と、人を不快にさせる事しか能がない「オートバイ買い取り業者」に対抗する手段を今回は伝授します。

【 フリーダイヤルなら即電話 】

「オートバイ買い取り業者」の場合、大抵はフリーダイヤルの電話番号が書いてあるのでムカっと来たら速攻で電話しましょう。目的は「オートバイ買い取り業者」に対する警告です。

電話をすると大抵の場合はアルバイトみたいな奴が対応してくるので

「二度とうちの敷地に無断で進入する事を禁止します」

みたいな内容を自分のムカつき具合に応じて文脈を変えて苦情の電話を入れましょう。あと最初に相手の名前を聞いておくのは重要です。何かあった場合に誰が電話対応したのかを把握しておく必要があるからです。クレームの電話と知った途端に相手は

「メンドクセーなコイツ…」

みたいな対応ではいはい言うだけなので、とりあえず自分の怒りが収まるまでスジを通しておきましょう。最後に

「今度、うちの敷地に無断で進入した場合は警察に通報します、絶対に進入しないで下さい」

と相手に念を押しておきましょう。必ず相手に「分かりました」と言わせるのがポイントです。もしも通話内容を録音出来るようならば必ず録音しておいて下さい。

【 怒りが収まらなければ本社に電話 】

下っ端相手では怒りが収まらない場合、インターネットで調べて「オートバイ買い取り業者」の本社にクレームの電話を入れましょう。こちらはフリーダイヤルではないので電話代を損するだけ馬鹿らしいのですが、一応は社員みたいな輩が対応してくるのでストレスを発散するには効果的です。

ストレス発散の為にクレームの電話をするとか「クレーマー」以外の何者でもありませんが、別に間違った行為ではないでしょう。そもそもストレスを与えて来たのは頼んでもいない愛車の査定を一方的に行った「オートバイ買い取り業者」の方なのですから。

【 それでも張り紙をしてきたら警察へ 】

基本的に「今度、うちに進入したら通報する」と言っておくと、滅多にに二度目は来ません。自分の経験では今のところ一度もないです。
しかし、もしも同じ「オートバイ買い取り業者」が再び張り紙をしてきた場合は、自分が住む地域を管轄している警察署に行って相談しましょう。

「オートバイ買い取り業者」には対応マニュアルがあるのか、以前と同じ会社が名前を変えただけなのかは謎ですが、電話の対応はどこも似たような感じです。

どちらにせよ、警察に通報されると色々と面倒なので、クレームの電話があった地区は避けているような気がします。

【 最終的には繰り返し 】

しかし、相手の「オートバイ買い取り業者」も考えたもので、しばらくすると会社を倒産させて、また別の「オートバイ買い取り業者」を立ち上げます。ある程度、クレームが溜まってくると営業活動に支障をきたすので、新しい別会社を作るのでしょう。

つまり、数ヶ月後には再び貴方のオートバイには「不快な張り紙」が貼られてしまう訳です…

こうなると被害者側としては完全にお手上げで、すでに別会社になってしまったので中身が同じ人間(社長やら社員やら)でも以前のクレームは無効です。対策としては再びクレームの電話をするしかありません…

と、言う訳で「オートバイ買い取り業者」による不快な張り紙を無くす事は現在の所は不可能な模様。どうにかなりませんかね?

【 バイクの盗難は罪が軽い? 】

筆者もすでに2台ほどオートバイを盗難された経験があるのですが、はっきり言ってオートバイの盗難ごときでは警察は真面目に捜査してくれません。近所の聞き込みすらしません。もっとも警察も暇ではないので傷害事件などの案件を優先するのかもしれませんが。

しかし、簡単に「オートバイの盗難」で片付いてしまいますし、実際に警察に届けても紙切れ一枚書いて終了なのですが、オートバイを盗まれた側は一度に「数十万円」の財産が無くなる訳でして、下手に空き巣に入られたり強盗に遭うよりも被害金額としては大きくなります。なのに日本の場合は

「自転車泥棒の延長だべ?」

くらいの軽い扱いなのがムカつきますね。ちなみにベトナムだと自転車を盗むと半年の実刑判決、オートバイだと3年間と重い罪になります。それに比べたら日本の場合は自転車の盗難も含めて罪が軽すぎると思えます。

以前、オートバイのナンバープレートを盗まれた際も、犯人は逮捕されたのですが「犯人に支払能力がない」と言う事で、警察の方からは犯人の連絡先を教えて貰う事が出来ませんでした。

「どうしてもと言うなら弁護士を雇って民事で争って下さい」

との事です… まあ、確かにその通りなのですが、弁護士に依頼して裁判で勝っても結局は相手に支払能力がなければ自分の所に金は返って来ないし、弁護士に支払う報酬などを考えると「盗まれた側の負け」としか言いようがありません。

【 オートバイを狙う窃盗団の存在 】

「オートバイ買い取り業者」や「廃品回収」の振りをした窃盗団が存在します。窃盗団とは言いますが、実際には数人程度のグループでしょう。奴らはオートバイを専門に狙い、普段から下見をして次に盗むオートバイを探しています。

貴方のオートバイの鍵穴にある「蓋」が動いていた事はありませんか? アレは奴らがオートバイの防犯状態を調べる為に下見をした跡ですよ。もしも、いつも閉じていた蓋が勝手に開いていた場合、貴方のオートバイは狙われていると言う事です。

そして奴らは船にコンテナを積むギリギリのタイミングで、数台、数十台のオートバイを短時間で一度に盗んで整備工場で「部品」もしくは「スクラップ」として輸出する為に分解し、そのままコンテナに積んで外国に出荷します。名目上は「部品」やら「スクラップ」として輸出するので「車輌」としては扱われません。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。