【仁川アジア大会】カンボジア代表の猫ひろし 完走者で最下位という結果に

access_time create folderエンタメ

猫ひろし

カンボジアに帰化しカンボジア代表フルマラソンランナーとして活動している元お笑い芸人の猫ひろしが、仁川アジア大会フルマラソンに出場。その結果は厳しいもので、完走者の中で最下位という結果になってしまった。

先頭集団から遅れ2時間34分16秒で14位という結果に。37歳という年齢からしては頑張った方かもしれないが、世界の壁は厚かったようである。

ただこの結果は決して悪いわけでなく、芸人としては好成績な方である。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧