ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本よ これが運転講習だ! 『アウディクワトロパーク』がドイツからやってきた!

1

アウディジャパンは、独自の四輪駆動システム「quattro(クワトロ)」と、アウディのハイエンドモデルを体験することができる、期間限定の市場施設『アウディドライビングエクスペリエンス クワトロパーク(略称:アウディクワトロパーク)』を、虎ノ門ヒルズ向かいに新設オープンしました。アウディにとってアジア初上陸となる『アウディクワトロパーク』は、都市中心に位置する体験型の試乗施設となっており、都心ながらも様々な路面状況を想定した特設コースで、「クワトロ」の性能を体験できる「ドライビングエクスペリエンス」や、「クワトロ」の歴史に触れる展示スペース、アウディが誇るハイエンドスポーツモデルやフラッグシップセダンなどの最新モデルを手軽に試乗することができます。

2

「ドライビングエクスペリエンス」とは、例えば人工的にオフロードを再現した特設コースなどで、「クワトロ」を搭載した車の性能を実体験するためのスペースです。その歴史は意外と深く、1980年に「クワトロ」がデビューするやいなや、たくさんのユーザーから「エマージェンシーブレーキや運転スキルについて学びたい」といった要望が集まり、ドイツで初めて開催されました。1981年までは年に10回という小規模なものでしたが、2013年には1000回の開催を数え、述べ15000人が参加という驚異的な実績を残しています。

気になる内容は、基本的な安全講習から始まり、ときにはスポーツモデルを使用した講習や凍った湖上で行う講習、さらには防弾車を使用した講習も行われているとか。いったいどんな講習なのでしょう・・・! 「ドライビングエクスペリエンス」の受講を重ねることで、ユーザーはレース資格を取得することができ、プロレーサーと一緒にファクトリーチームとしてレース参戦も可能になるそうです。とても夢がありますね。

都心のど真ん中でオフロード体験!?

『アウディクワトロパーク』で体験できる「ドライビングエクスペリエンス」は、車が乗るほどの巨大なシーソー、低床なスポーツカーだとバンパーから突き刺さってしまいそうなデコボコ道、斜面と言うよりは壁と言ったほうが似合いそうなほど急なバンクといった3つのセクションが用意されています。

シーソー

シートに座って正面を見ると、まるで空に向かっているような感覚になるほどの上り坂ですが、「クワトロ」の性能により強い安定感を体感することができます。そしてシーソーが傾き、今度は急な下り坂となりますが、滑り落ちる心配はまったくありません。一歩一歩地面を踏みしめるように、ゆっくりと下ることが出来ます。

デコボコ

文字通り片輪走行となってしまう程のデコボコが車の進行を妨げようとしますが、たとえタイヤが一つや二つ宙に浮いていようとも、「クワトロ」を搭載した車は何事も無かったかのように進みます。外から見ると、まるで車が片足立ちをしているようなアグレッシブな構図なのですが、シートに座っていると、多少の揺れは感じるものの線路を横断するときの様な感覚でとても落ち着いています。

バンク

「これぞ『クワトロ』!」と、筆者が惚れ惚れしたオススメセクションなのですが、普段ならまず通ろうとは思わない道(?)も「クワトロ」はものともしません。シートに座っている感覚は、日常ではまず体感できない横方向の重力がかかるジェットコースター状態なのですが、強いタイヤの接地感を実感できます。車は明らかに傾いているのに、タイヤが地面に食いつく感覚は不思議でたまりません。

ちょうどコース取材を行うタイミングで『アウディクワトロパーク』に雨が降っており、ある意味で「クワトロ」にとって相応しいシチュエーションでした。雨に濡れた金属製の各セクションは、もし平坦な道だったとしてもツルツルと滑ってしまいそうですが、試乗中にスリップしてしまうことは一切ありませんでした。うーむ「クワトロ」恐るべし。。

超高級車に試乗できるのも魅力

議事堂

『アウディクワトロパーク』では、「ドライビングエクスペリエンス」のほかにアウディのハイエンド車に試乗することも出来ます。今回筆者は「アウディ S8」(2000万円!)に試乗させていただき、都心のドライブを楽しんできました。『アウディクワトロパーク』が虎ノ門に位置するということもあり、国会議事堂や皇居周辺といったアーバンナチュラルな雰囲気を堪能できることも魅力の一つです。

通常、「ドライビングエクスペリエンス」のような運転講習はサーキットなど広々とした環境で催されることが日本国内における通例ですが、『アウディクワトロパーク』は虎ノ門という都心の一区画にありながらも、オフロード体験だけでなく都心ならではの趣あるドライブを堪能できる、限られた時間と場所で「クワトロ」を体験することに最適化されています。

1日のうちのほんの数時間で「アウディ」の技術に触れることが出来る『アウディクワトロパーク』は、期間限定で2015年の春まで運営されています。買い物などで虎ノ門を通りかかった際に寄り道してみたり、仕事中の隙間を見つけてコッソリ行ってみたり、都心ならではの楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。

3 4 5

■アウディクワトロパーク|Audi
http://www.audi.co.jp/jp/brand/ja/exp/ADE/quattro_park.html

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。