体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『東京ゲームショウ2014』出演直前! 人気ゲーム実況者“ドグマ風見”のガルボア訪問レポート

『東京ゲームショウ2014』出演直前! 人気ゲーム実況者“ドグマ風見”のガルボア訪問レポート

先日、ガジェット通信では「海外の人気ゲームアプリ7作品をリリースするガルボア 『東京ゲームショウ』で人気ゲーム実況者による2日間連続ニコ生が決定」
https://getnews.jp/archives/660888[リンク]

という記事をお届けしました。ゲームアプリプロバイダー、ガルボアがリリースする7作品のゲームアプリを出展、ブースでは人気ゲーム実況者が出演する『ニコニコ生放送』が行われるというもの。9月某日、ステージでMCを務める“ドグマ風見”さんが当日ステージで紹介するアプリを見るためにガルボアを訪問。ガジェット通信はその模様を密着してきました。

ドグマ風見インタビュー:「ゲーム実況の一体感がたまらなく好き」

ドグマ風見

『ニコニコ生放送』のゲーム実況で人気に火がつき、生放送だけでなくテレビでも活躍するネットタレントのドグマ風見さん。まずガジェット通信読者への自己紹介がわりにインタビューをお届けします。
聞き手:ひげおやじ(ガジェット通信)

ひげおやじ(以下「ひげ」):ドグマさんは今までどんな番組に出演されているのでしょうか。

ドグマ風見(以下「ドグマ」):テレビだったら今年の3月までやらせてもらった『全力!ネットユーザーつくり場~集まれ!ドリームクリエイター』(テレビ東京)。ロンドンブーツの田村淳さんと共演させてもらった番組ですね。あとは9月で終わりますけど、『金曜カーソル』(WOWWOW)も準レギュラーで出させていただいて。

ひげ:『ニコニコ生放送』の番組で、来場者数が多かったものはどんなものがありますか。

ドグマ:フロム・ソフトウェアさんの『ダークソウル』。ガジェット通信さんが制作された番組ですけど、あれが一番多かったんじゃないですかね。
※来場者数260万人

あとは自分でやった放送で、セガさんに許諾をいただいた『龍が如くOF THE END』。ユーザー生放送で40万人ぐらいいったかな。ユーザー生放送としてはかなり多かったですけどね。

ひげ:『ニコニコ生放送』で実績を積まれて、最近ではメーカーさんからの指名が増えてきているとか。

ドグマ:そうなんですよ、ありがたいことで。この前、日本で『Xbox One』が出たときに『インサイド Xbox』という24時間番組に呼んでいただいたりとか。いろんなメーカーさんに呼んでいただいています。

ひげ:なんで呼ばれると思います?

ドグマ風見

ドグマ:なんでしょうね。ゲームが大好きだから呼んでいただくというのもあると思うんですけど、ゲームを作られた人とか担当者さんが僕と年が近かったり、僕と感性が近いなと思うことが多いです。仕事をしやすい方が多いし、たぶん僕にもそう思っていただいている方が多いので。そこが一番大きいと思いますね。

現場の空気をつかむ能力は高いと思います。番組に出演者として出たときも「こうした方がいいのかな」「今こういう流れだな」と、うまくできると思うので……そういうのもあって呼んでもらえるんですかね。ゲーム好きなところが大きいんじゃないですかね。

ひげ:先日も67時間ゲーム実況という企画がありましたが、ゲームをやり続けられるのはなぜなんでしょう。ゲームのどこが好き?

ドグマ風見

ドグマ:昔、ちっちゃいころゲームが好きだったのは、達成感とゲームをやり終えたときの喜び。今ゲーム実況をやっていて楽しい部分は、自分がゲームと向き合うのも楽しいんですけど、その楽しいのをほかの人と共有できるというのがとても大きくて。

苦しいときは、たぶん見ている方もイライラしてたり苦しいと思うんですよ。2時間、3時間同じボスで詰まっているとみんな「何やってんだよ」と思うんですけど、それを突破したときに1人だけじゃなくて、見ている人や来ている仲間がみんな喜べるという。本当にその一体感がたまらなく好きで、長時間やってもやめられないです。そのときのパッションというか気持ちが、うん。

ドグマ風見が陸・海・空をテーマにしたガルボアのゲームを体験

ここで、ドグマ風見さんがガルボア担当者からレクチャーを受けながらガルボアのゲームを体験。「陸・海・空」をテーマにした大作3タイトルをプレイしていきます。

陸:コンガリーズブレイド

コンガリーズブレイド

ゲーム概要:
仲間を集めてドラゴンを倒していく王道RPG。さまざまな能力を持つキャラクターが登場し、仲間に加えることができます。装備やスキルをカスタマイズしてドラゴンとの戦闘に挑戦。

ガルボア担当者:タイトルの「コンガリーズ」というのは「寄せ集め」という意味で、寄せ集めの戦士が集まった物語なんです。タッチ操作でキャラが動くので、彼らを操作して攻撃していきます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。