ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すっきり見やすく、知りたいトピックが見つけやすい!ユーザーベースのキュレーションサイト「Milq」

Milq

時間を持て余したとき、インターネットサーフィンをしていて、一般ユーザーから提案された、ちょっとした質問トピックに目が行くことはないだろうか。また、インターネット百科事典のWikipediaは、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。ユーザーベースのキュレーションサイトは、私たち一般人にとって身近な存在で、質問や意見募集をはじめ、何か知りたいことがあったとき、インターネットおよびインターネットを利用している他ユーザーの力を借りて、問題を解決する手助けとなってくれる。

4月に公式ローンチされた「Milq」は、インターネット上に拡散されている膨大な情報の中から、ユーザーの興味に合った話題が見つけやすくなるユーザーベースのトピックサイト。いわば、興味のある人たちを結びつけるWebカルチャーマップである。

ユーザーから提出されたトピックは、“beads”と呼ばれる丸い噴出しのようなアイコンで表示される。質問トピックは、例えば「スニーカーのベストコマーシャルって何?」「映画に出てくるニューヨークで、好きなシーンは?」「今のお気に入りの曲は?」など、一般的かつ身近な話題。

Milq2

よくあるキュレーションサイトだと、出された質問に対し、テキストでコメント入力してレスポンスを返すパターンが多いが、この「Milq」が特徴的なのは、他ユーザーたちは動画あるいは音声クリップに、ちょっとしたコメントを加えてレスポンスを投稿するという点だ。ダラダラ書かれた長文のレスポンスに目を通すよりずっとスムーズ、かつ気軽な気持ちで、トピックやレスポンスをチェックすることができる。

ユーザーたちは投稿“beads”を眺めたり、ニュースフィードから自分の興味のあるトピックを見つけることができる。お気に入りの投稿があれば、Twitterのハッシュタグのようなシステムを使って、インデックス化してまとめておき、後で見ることも可能。

誰でも自由に「Milq」のサイトを見られるが、質問トピックやレスポンスの投稿をするには、無料のアカウント登録が必要だ。ユーザーベースのコンテンツは、「Reddit」「Pinterest」など他にもあるものの、興味のある話題が見つけやすく、ノイズが少ないすっきりとしたインターフェースなのも魅力の1つだろう。

リアルの友人、知人関係を超えて、自分の好きなもの、興味のあるものの話題を他者と共有して楽しみたい人にはピッタリかもしれない。

Milq

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。