ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外でも評価が高い 湊かなえのミステリー小説『告白』

海外でも評価が高い 湊かなえのミステリー小説『告白』

 デビュー作『告白』で、「2009年本屋大賞」を受賞した作家の湊かなえさん。

 同作は本屋大賞だけでなく、「週刊文春2008年ミステリーベスト10」1位、「オリコン2010年 年間”本”ランキング」文庫 総合1位、「Amazon Best Books of 2010」文庫本(文芸)ランキング1位、読者1000人の「ベスト本2010」1位(丸善&ジュンク堂)など、多方面から高い評価を得ています。発行部数も累計350万部に迫っており、2010年には松たか子さん主演で映画化もされました。

 2014年8月19日には、同作の英語版『CONFESSIONS(告白の意)』もアメリカ、イギリスなど英語圏の国々で刊行。元々、前述の映画が「第83回(2011年)アカデミー賞・外国語映画賞」の候補作となったこともあり、発売前から注目を集めていました。

 たとえば、『ロサンゼルス・タイムズ』(8月8日付)は、「映画『ゴーン・ガール』のようで、大きな衝撃を与える作品だ」と評価。『ゴーン・ガール』はデヴィッド・フィンチャー監督の作品で、5回目の結婚記念日に失踪した妻を殺してしまった疑いをかけられる夫の話。『告白』『ゴーン・ガール』ともにサスペンス要素が強いため、こう比較されているのでしょう。

 また、アメリカにおける『本の雑誌』のような雑誌『パブリッシャーズ・ウィークリー』も8月18日、同書を「今週注目の本」として取り上げ、「日本の社会の闇にスポットライトを当てている」と紹介。ほかにも、『ウォールストリートジャーナル』、『マルホランドブックス』などに、書評が掲載されています。

 冒頭の「本屋大賞」受賞時には、「5年後も作家であり続けたい。そして、5年後の代表作が『告白』だけとならないよう、心に誓いたい」とコメントしていた、湊さん。まさに、その「5年後」となった今、彼女の作品を振り返ってみると『少女』、『贖罪』など、その言葉通りにヒット作を出し続けています。

さらに8月23日には、彼女初の”純愛ミステリー”作品となる『Nのために』の文庫版が発売。同書は、榮倉奈々さん主演で連続ドラマ化が決定しており、もしかすると将来、『告白』と同様に英語版が出版されることもあるかもしれません。

 日本だけでなく、世界に広がる湊さんのミステリー小説。まだ彼女の作品を読んだことがない方は、『告白』から「湊かなえワールド」に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

■関連記事

東京の街とコーヒーと人間模様
村上春樹作品がベストセラーになる社会は変?
直木賞候補作『男ともだち』で描かれる新しい"男女の友情"の形とは

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。