ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Google検索で楽曲販売元を“Listen Now”ラベルでまとめて表示する新しい広告サービスをテスト中

Googleは海外向けのGoogle検索で、楽曲販売元を“Listen Now”ラベルでまとめて表示する新しい広告サービスをテストしているそうです。The Wall Street Journalが伝えました。Listen Now広告は音楽サービスや楽曲販売を行なう事業者向けの広告サービスで、Google検索でアーティストや曲名に関連した広告(その楽曲へのリンクなど)をListen Nowラベルでグループ化しています。スクリーンショットの例だと、ビートルズを検索するとナレッジグラフの「Listen Now」ラベル配下にGoogle Play、Rhapsody、Beats Musicが提供元として表示されています。サービス名をクリックすると提供元サイトにジャンプする仕組みです。Google検索における音楽の広告は既に提供されていますが、今回のように「Listen Now」ラベルでグループ化して表示するのは新しい取り組みとなります。WSJはGoogleからListen Now広告がクリック課金制の広告サービスで、現在テスト中であることを認める内容の返答を受けたとしています。Source : The Wall Streen Journal


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia ホームの最新版 6.3.A.0.7がダウンロード可能
Xiaomi製スマートフォンが個人情報を中国のサーバに強制送信している、F-Secure社がテストで確認
LG G3のオーナーに朗報! 今後はブートローダーのアンロック対応する予定

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。