『美味しんぼ』で福島県の宿泊客キャンセルとの報 掲載雑誌売切れ単行本はプレミアに「炎上商法」との声も

access_time create folder政治・経済・社会
福島民報

『美味しんぼ』で主人公らが鼻血を出す描写などが問題視されて数週間。『福島民報』は、福島で『美味しんぼ』の影響とみられる宿泊客のキャンセルがあったと報じている。

参考記事:宿泊キャンセル 福島の旅館 美味しんぼ問題影響か
http://www.minpo.jp/news/detail/2014051415654

また、福島テレビ『FTVスーパーニュース』は団体客数百名が宿泊をキャンセルしたと報じた。県外の学校からの旅行だが、今回の『美味しんぼ』を気にした保護者からの反対があったという。これら以外にも宿泊客のキャンセルが出ているようだ。いろいろ言われてきた今回の『美味しんぼ』の内容であるが、ついに「実害」が出てきてしまったかとの声が多くあがっているようだ。

一方で、『美味しんぼ』を掲載している「週刊ビッグコミックスピリッツ」が福島県内では売り切れ続出と報じられている。

また、「福島の真実」(1)を収録した『美味しんぼ』110巻は『Amazon』では現在売り切れで、2~4週間の入荷待ちの状態となっている。定価は619円(プラス税)だが、中古品は送料まで入れると軒並み1500円以上となってプレミアがついた状態に。電子書籍版であるKindleの順位も上がっている模様。ネットでは当然のように「炎上商法」との声もあがっているようだが、果たして……。

※画像は『福島民報』のサイトより

access_time create folder政治・経済・社会

Taka

元インターネット雑誌編集者。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧