ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • リンカーン大統領がイタコの力で現世に! 「オバマvs.ロムニー」にはノーコメント
  • ジョニデが“ちょびヒゲ”のインチキ美術商に 『チャーリー・モルデカイ』の日本版予告&ポスター解禁
  • 「ぼくは☆アッコちゃんになったのだ☆」可愛すぎる大杉漣さんに萌え死に!
  • 【動画】映画『死霊館』の続編、“イギリスのアミティヴィル”と言われる史上最大のホラー事件に挑む
  • アメブロで「R100」で検索したら面白い結果に! ほとんど“NMB48”のメンバーだった
  • 赤ワンピ&フリンジ付きサンダルでトレンド先取り!? アン・ハサウェイ主演『マイ・インターン』ポスター解禁 [オタ女]
  • 『時をかける少女カフェ』開催! 『サマーウォーズ』や『バケモノの子』まで細田守作品メニュー盛りだくさん[オタ女]
  • マイケル・B・ジョーダンとライアン・クーグラー監督、映画『Wrong Answer(原題)』で再チーム
  • 環境問題を訴えるドキュメンタリー『不都合な真実2:放置された地球』圧力を跳ね返すアル・ゴアはまるでロッキー?
  • 映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はなぜオスカーの主要候補になり得たのか
  • レジェンダリー・エンターテイメント、ゲーム『ポケモン』を実写映画化
  • 最強の映画オタク・タランティーノが『死霊館』を“見るべき10本”に推薦!
  • サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェット主演の映画『Ocean’s Eight(原題)』、公開日が決定
  • 又吉直樹が考える“原作を実写化する意義”とは 「無理なものを飛び越えていく時に発明が生まれる」
  • 【独占記事】エリザベス・バンクス、映画『ピッチ・パーフェクト』第3弾の監督を降板
  • 永井豪先生“ぶっちゃけ”1万字インタビュー  『サイボーグ009 vs デビルマン』上映記念

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

文字が動物に化ける!? バンダイ、玩具付き菓子『超変換!! もじバケる』発売へ

超変換!! もじバケる

バンダイは、一文字の漢字を組みかえて立体的な動物に“変換”できるオリジナルトイ付き玩具菓子『超変換(ちょうへんかん)!! もじバケる』6種類×各4色を5月17日より順次発売します。本体一個(粒ガム1個入り)で価格は各105円(税込み)です。

『超変換!! もじバケる』は、漢字をテーマにした新感覚のオリジナルトイ。動物を表す一文字の漢字を組み替えて動物に変形させて遊べます。ヒントになったのは、象形文字などの“文字の成り立ち”。動物やモノのかたちが、絵文字などを経て漢字などの文字になるプロセスを逆行させる面白さを味わえます。

超変換!! もじバケる

ラインナップは、親しみある一文字の漢字の動物たち。『犬』『虎』『魚』『馬』『鳥』『竜』の6種類で、商品サイズは、H50×W50×D11mm(本体、文字の場合)、ガムの味はソーダ味、色はそれぞれ白色、黄色、青色、黒色の4色です。主なターゲットは小学生だそうですが、デザイン性の高い雑貨コレクションとして大人にも受けそうですね。なんと言っても、6種類全てそろえても630円(税込み)ですからね! 全国のコンビニ、量販店、スーパーの菓子売り場などで販売されます。
 
 

■関連記事
ホンモノそっくりお寿司で遊ぼう!『新装開店! 特上すしジャン!ゲーム』
机の上に軍師を飾れ!『最強武将伝・三国演義 アクションフィギュア』タカラトミー発売
バナナを奪うと尋常じゃなく暴れて騒ぐサルのおもちゃ『ペコペコモンキー』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。