ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

復活熱望の声多し! 『ブラタモリ』ヒットの裏側とは?

復活熱望の声多し! 『ブラタモリ』ヒットの裏側とは?
 『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終わって1ヶ月。いまだに「ちょっと寂しくなったな」と思っている人も多いのではないだろうか。
 そんな中、復活への期待が高まっているのがNHKの『ブラタモリ』だ。でも、この番組、タモリさんのマニアックな一面を存分に見ることができるゆえに、決して万人ウケするような内容ではないように思えるのだが、第3シリーズまで続く人気番組となった。
 そんな『ブラタモリ』はどのように作られたのだろうか。

 本書『時代をつかむ!ブラブラ仕事術』(尾関憲一/著、フォレスト出版/刊)は、『ブラタモリ』を作り上げたプロデューサー・尾関憲一氏が、ヒットの裏側と仕事の流儀を紹介する一冊だ。
 尾関氏は、NHK制作局・エンターテインメント番組部チーフ・プロデューサー。『ブラタモリ』をプロデューサーとして担当している他、『東京カワイイ★TV』『迷宮美術館』『BSマンガ夜話』『天才てれびくん』など、幅広い番組を手掛けている。

 『ブラタモリ』は2009年秋から半年間のシリーズとして放送され、これまでに第3シリーズまで放送された街歩き番組だ。
 タモリさんと久保田祐佳アナウンサー、そして各界ごとの専門家の先生が都内のひとつの街をブラブラと歩く。そして、街を歩きながら何気なく見つけた石垣や街頭や坂道に立ち止まり、それをきっかけに街の秘密や歴史を発見していく。
 「身近にある意外な見どころ」に着目した番組だ。

 『ブラタモリ』の原型となる企画の始まりは2008年のこと。このときのタイトルは『タモリの時空ウォーカー(仮)』というものだった。内容は十分なリサーチをして、ほとんど実現可能なものという段階まで企画を進めた段階で、ひとつ確かではない部分があった。
 それはタモリさんの出演について。制作スタッフの中にタモリさんへのコネクションは全くない。しかも、すでに人気の長者番組ばかりを担当していて、タモリさんは多忙だった。

 このような状態で、尾関氏はどうやってタモリさんを口説いたのだろうか。尾関氏は、どこかにつてを探すという発想もなく、正面から当たってみるしかないと覚悟を決めていた。かといって、ひたすら「出てください」と言ったところで話が進むものではない。具体的に「口説いた」わけでもないという。
 尾関氏たち制作チームがやったのは、とにかく自分たちの作ろうとしているものの面白さを伝えることだった。この番組は面白いものになるはずだ、という確信のもと、繰り返しそのことを訴えた。「出演してください」という言葉だけではなく、「この企画についてぼくたちはこれだけの情熱を持っている」ということをアピールし、出演のOKをもらうことになる。新しいものを作りたいというスタッフ一同の熱意が伝わったからではないかと尾関氏は語る。

 同じようなスタイルの番組が多いし、最近のテレビが面白くないという視聴者の声も多い。だが、新しいこと、面白いことをやろうとする番組も中にはある。間違いなく『ブラタモリ』もそのひとつだ。
 『ブラタモリ』がどのようなコンセプトで、どのようなポリシーのもとに作られていたのか。『ブラタモリ』の裏側を読むことのできる1冊だ。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
タモリさんに学ぶ“雑談の技術”
肩の力を抜いて実践“ゆるゆる”ビジネスハック3つ
幸せが舞い込んでくる人の習慣

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。