体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『マクロビ派ビスケット』と野菜スープでプチマクロビランチ 2品のスープを作ってみた

【作ってみた】『マクロビ派ビスケット』と野菜スープでプチマクロビランチ

穀物や野菜中心の自然と調和した食事を取ることにより、健康的なライフスタイルを目指す考え方で、肉や魚、砂糖、卵、バター、牛乳などは使わない“マクロビオティック”。今まで興味はあったけれどもなかなか挑戦できなかった“マクロビオティック”の考え方に基づいて作られたビスケットが森永製菓から発売されたというので、マクロビ気分を味わうプチマクロビランチを作ってみましたよ。

すべての画像が見たい方はオタ女をご覧ください。

マクロビ派ビスケット

森永製菓より4月8日に発売された『マクロビ派ビスケット』。マクロビとは「マクロビオティック」の略。「マクロビオティック」の身土不二(暮らす土地の旬のものを食べること)、一物全体(自然の恵を残さず丸ごといただくこと)という考え方に沿って、原材料にもこだわって作られているとのこと。小麦全粒粉、レーズン、食用なたね油、アーモンドパウダー、砂糖(てんさい糖)オーツ麦フレーク、メープルシロップ、米あめ、ひまわり種子、食塩など、ナッツやドライフルーツもしっかり入っているようで、なんだかすごく体に良さそう。

マクロビ派ビスケット

食べてみるとしっかりとした歯ごたえで、かめばかむほど味わいがでてくる。おやつとしてもいいけれど、軽い食事でもいいかも。

そんな『マクロビ派ビスケット』と合わせて食事にできるスープを2種類作ってみることにしました。

春野菜のミネストローネ

材料

<材料>
・昆布 20cmくらい ・・・・・・お出汁用
・玉ねぎ 1個 ・・・・・・ソフリット用
・人参 1/2本 ・・・・・・ソフリット用
・セロリ 1本 ・・・・・・ソフリット用
・新玉ねぎ 1個 ※玉ねぎでも良い
・お好みのハーブ(ローリエ・ローズマリー・フェンネルシード)
・春キャベツ 1/3~1/4個 ザク切りにして軽く塩もみしておく
・茹でた金時豆 カップ1程度
・トッピング用の旬の野菜(ゆでたそら豆、スナップえんどう、菜の花) 適量

<出汁をとる>
スープのポイントはなんといっても出汁。

こちらのスープは昆布だしとセロリ・人参・玉ねぎのソフリットをお出汁にします。

・たまねぎとにんじんとセロリのみじん切りをオリーブオイルでじっくり炒め、ソフリットを作る。

ソフリット

・昆布を水につけてしばらく置いて、昆布水を作っておく。

<スープを作る>

玉ねぎを加えて炒める

1.フライパンにソフリットを入れて、ざく切りにした新玉ねぎを入れ、新玉ねぎに火が通って少し透き通ってくるまで炒めます。
2.ざく切りにして軽く塩をふってビニール袋に入れておいたキャベツを1に加えて軽く炒めます。
3.茹でた金時豆を加えます。

昆布水を加えます

4.昆布水を野菜が半分ひたるくらい加え、沸騰するまで軽く煮ます。

鍋に移して昆布水を更に加えます

5.4をお鍋にうつし、さらに昆布水を加えて、塩を少し加えて煮ます。

煮込んでできあがり

6.軽く沸騰したら火を弱め、塩で味を調えて、5分ほど煮てできあがり。

盛り付け

7.器によそい、スナップえんどう、そら豆、菜の花など茹でた旬の野菜を散らします。いんげんやアスパラ、ブロッコリーなど好きな野菜でOK。

実食

<実食感想>
・肉や魚のダシが入ってないとは思えないほど、コクがあっておいしい! うまみがぎゅっとつまっている感じ。たくさんの具材で身体に優しいスープでした。色どりも豊かで目も幸せな一品です。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。