ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

日本人も得意なリミックス文化 NY生まれのリミックス文化を紹介する“グラソー リミックスマン”が降臨!

日本も得意な「A×B=C」を作るリミックス文化 NYからリミックス文化を体現する“リミックスマン”が降臨!

2枚のレコードを同時に演奏して新しい曲を生み出してしまう“リミックス”。クラブDJが生み出したこの演奏スタイルは、原曲のフレーズやサンプリングを新たに制作したトラックに載せて再構築し、新しいバージョンの楽曲を制作するなど、音楽文化として独自の進化を遂げて定着してきました。このリミックス文化、海外では音楽以外の分野にも広がり、ニューヨークでは世界中のあらゆる文化を組み合わせて新しい文化を生み出す“NYリミックス”が注目されているのだとか。

実は日本人も得意だったリミックス文化

AとBをかけ合わせて「A×B=C」を作るリミックス文化、海外から来た文化のようで実は日本人が昔から得意だったんですよね。たとえばこんな例が。

・船×料亭=屋形船
この春、お花見に屋形船で宴会、なんて経験をした人もいるのでは? 船の中に調理場だけでなくお座敷も作って料亭を持ち込み、移動する宴会場にしてしまった屋形船は、日本が誇るリミックス文化ですよね。

・苗字×名前=愛称
苗字と名前をかけ合わせて「キムタク」「クドカン」なんて愛称をつけてしまうのも、日本独特のリミックス文化。最近の流行のようでも、実は「阪東妻三郎=バンツマ」「嵐寛寿郎=アラカン」など、大正~昭和初期から役者さんの愛称に使われてきた文化なのです。

・ラジオ×カセットレコーダー=ラジカセ
日本のものづくりにもリミックス文化が大活躍。ラジオとカセットテープレコーダーをかけ合わせた“ラジカセ”は世界中で普及し、音楽の楽しみ方を一変させてしまったエポックメイキングな製品です。同様に、ステレオヘッドホンとカセットプレーヤーをかけ合わせた『ウォークマン』もその後の世界の文化そのものに大きな影響を与えた製品と言えるでしょう。

“NYリミックス”で生まれたこんな文化が

一方、“NYリミックス”では最近こんな文化が生まれているのだとか。

・クラブ×自転車=スピニング

スピニング

大音量でダンスミュージックを聴きながら、エアロバイクでエクササイズ。夜遊び、お酒と不健康なイメージのクラブカルチャーを、かけ合わせることで健康的なものにしてしまうのがニューヨークっぽいですね。

・クロワッサン×ドーナツ=クロナッツ

クロナッツ

ドーナツ生地にクロワッサンを使って新しい食感のスイーツに。味が想像つかないけど、なんかおいしそうです。

・ラーメン×ハンバーガー=ラーメンバーガー

ラーメンバーガー

焼き固めた麺をバンズ代わりにして、肉のパティを挟むハンバーガー。ん? これって日本でとっくに商品化されていたような……。

“NYリミックス”を紹介する“グラソー リミックスマン”が登場

グラソー リミックスマン

このような最新の“NYリミックス”を動画で紹介してくれるキャラクターが登場しました。彼の名は“グラソー リミックスマン”。ターンテーブル型の頭には2つのレコード(要素)を表示します。たとえば「クラブ」と「自転車」のレコードを回して“スピニング”を紹介してくれるのです。

ブレイクダンスを踊りながら、「“ニュー”と“ヨーク”で“ニューヨーク”」と破壊力抜群にキャッチーなテーマ曲と共に登場する“グラソー リミックスマン”。デザインを手がけたのは、レディー・ガガが着用して話題になった“肉ドレス”を手がけたファッション・ディレクターのニコラ・フォルミケッティ氏。インパクトあるビジュアルも納得です。

ココナッツウォーター×ビタミンb6

“グラソー リミックスマン”は、今回の新しいキャンペーン『NYリミックス、もう、味わった?』に合わせて生み出された、“NYリミックス”を体現するキャラクター。そういえば、『グラソー ビタミンウォーター』自体も、フレーバーウォーターとビタミンをかけ合わせた“リミックスウォーター”でしたね。今回発売となった『グラソー ビタミンウォーター ココリフレッシュ』も「ココナッツウォーター」と「ビタミンb6」のリミックスなのです。

グラソー公式サイト

『グラソー』公式サイトでは、彼が楽しく“NYリミックス”を紹介する動画を公開しているほか、『Twitter』で『グラソー』公式アカウントをフォローしてリツイートすると、ニューヨークの自由の女神と同じ高さになる468本分の『グラソー ビタミンウォーター』をプレゼントするキャンペーンも実施中。記事で紹介した以外にもまだまだある最新の“NYリミックス”をチェックしてみては。以上、「ガジェット」と「通信」で「ガジェ通」が記事をお届けしました!

『グラソー』公式サイト
http://glaceau.jp/

【グラソー ビタミンウォーター】「NYリミックススペシャル」篇(YouTube)
http://youtu.be/o2bAkbdiwiE

画像:グラソー公式サイトより引用

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき