ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「出前感覚のメディアを作りたい」やまだひさしインタビュー

やまだひさしさんインタビュー

ラジオDJとして、そして『niconico』のMCでもお馴染みの、やまだひさしさん。現在も「ラジアンリミテッドF」や「ニコラジ」といった番組で活躍中だが、どうやら最近は更なる活動にも積極的だとか。そこで「ニコラジ」生放送直後のやまだひさしさんへお話を伺った。現在の活動とその狙い、2014年のやまだひさしさんが果たして一体何を目指すのか。本記事は、そのような視点でインタビューを行っている。

『やまだひさしのやまちゃんねる通信』誕生

-最近新しい活動を始めたようですが……
やまだひさし:と言ってもメインは「二コラジ」と「ラジアンリミテッドF」ですね。この2つ、特にラジオは「2 way」といってリスナーとの双方向を大事にしていて、昔で言えば葉書、それがFAXになりメールになり、僕の番組は生放送なので電話も使ったり、更にTwitterも出てきました。とにかく、なるべく距離の近いところでコミュニケーションをとってきた。二コラジも同じように「コメントを拾う」ことでかなり近い存在のメディアであり続けられたと思っています。またドワンゴさんがやろうとしていることも、ネット上で完結しているサービスなのかもしれないけれど、超会議などのイベントにも積極的ですよね。

この「リアルなところに踏み込む」っていうハイブリッドさを愉しむのが、現代のメディアの面白いところだと思っているんですよ。じゃあ、そんな時代に僕自身は何をやるか? ということで引っかかったのがブロマガだったんですね。ただ、ブロマガも単純にブログの一つだと思っていたのが「文章だけじゃなく音声をアップしてもいいし、動画でもいいし、もっと言えばファンクラブ的なコミュニケーションツールにも使えるし」ということが分かって可能性を感じて。「だったら実際どんなものなのか」ということで「やまだひさしのやまちゃんねる通信(以下、やまちゃんねる)」というブロマガを始めてみました。

良い番組を視聴者の力とともに運営していく、そんなメディアを作りたい。

-どのような活動をしていくのですか?
やまだひさし:今はまだ僕のネットワークであるミュージシャンとか音楽周りのゲストの力を借りて認知して貰っている段階です。ただ今後は音楽だけではなく、面白い人達を僕らしい切り口でゲストにお呼びして、トークなりで番組を充実していきたい。(今後の目標としては)そういった人たちにもメリットを還元していけないかなと思っています。

というのも、今までの番組では局がスポンサーを見つけてきて、僕は喋るだけであったものが、これからは全部そういったものも担ってみようかなと。たとえばゲストへの出演料等や経費もブロマガですべて賄えるような、対価をきちんと反映できる仕組みにしたい。音楽の人はプロモーションで来てくれることが多いですが、最初からスポンサーの力ではなく、良い番組を視聴者の力とともに運営していく、そんなメディアを作りたい。これは僕の中でも初チャレンジになります。

濃い繋がりを持つメディア

-「メディアを作りたい」とはどういった意味でしょうか?
やまだひさし:震災以降、自由に喋れる場所が正直無くなった気がします。昔はニコニコ動画だけは許されていたのに、ニコニコ動画も大きくなってきたので今後は制約も出てきてしまうんじゃないかと。僕のことをファンになってくれる人達は、僕には歯に衣着せぬ発言をして欲しいんだろうなと思っていますし、自分自身も「じゃあ黙っていられるか?」と言えば黙れない性分的な部分もあります。それなら、その発信の場所をつくっていこうと。

ただ、マスメディアじゃなくていいんです。本当に欲しい人に対して濃い情報を正しくお伝えする、これはサービスの基本だとも思うんですけど、やまちゃんねるはそれでいい。マスメディアはラジオもニコニコもありますから、そこは大事にしつつ、濃い繋がりを持つメディアを持ちたいんですね。

例えば、既にライブの楽屋から生放送をするということをやりました。ブロマガであれば機材やスタッフもそこまで必要じゃないですし、機動力を活かしていく。実はミュージシャンの中には、テレビやラジオが苦手な人はたくさんいます。じっくりと時間を割き、丁寧にインタビューしてお互いの信頼関係を築いてリラックスした雰囲気で話してくれる言葉をしっかりファンに届けたい。その時間をつくることが既存のメディアではなかなかできない。かといって、ミュージシャンが自分のチャンネルを作って放送したとしても、ファンだけの場では広がっていかない。

本気で追いかけてくれるファンの方々に本当に欲しいものを届けられた

アーティストの皆さんには、「ここなら伝えたいことを伝えられますよ」というメディアとして信頼を重ねていきたいと思っています。僕という”場所”に来てくれれば全く違う層にも届くかもしれないし、視聴者の皆さんは僕のブロマガをチェックしてくれれば新しい「何か」を見つけられる、そういうものにして行きたいんです。

さっきも言った通り、取材はどこでも行きます。レコーディングスタジオでもいいし、家がいいなら自宅にも行くし、追っかけて取材をする。まさに出前ですね。例えば『VAMPS(ヴァンプス:『L’Arc〜en〜Ciel』のHYDE(Vo & Gt)さん、『OBLIVION DUST(オブリヴィオン・ダスト)』のK.A.Z(Gt)により結成されたロックユニット)』には相当お世話になって、彼らのファンが沢山見てくれた。

彼らも信頼してくれて、ヨーロッパツアーの楽屋や最後にはホテルでまで取材収録をさせてもらえた。それは凄い需要があって、本気で追いかけてくれるファンの方々に本当に欲しいものを届けられたと思います。この幅を広げていって、例えば「ゲーム実況者と一緒に、やまだひさしがゲームをやったらどうなるか」とか、普段ラジオではゲストに来ないような文化人・政治家・料理人が来たらどうなるのか、そういったゲストの幅も広げていって、その結果どうなるのか、それを僕自身も知りたいんです。

-そういえばブロマガでは「美味しいチャーハンの作り方を教えて欲しい」と言ったことや、今後はディナーショー的なものをやってみたいというお話もしていましたね。
やまだひさし:やりたいですね、それこそキッチンスタジオを借りて会員だけを集めたりしてね。ブロマガではファンクラブ的な要素にも期待していて、もともとDJでファンクラブなんて無理だろうと思っていたのですが、これも今までと違う切り口という意味で行けないかと。ラジアンリミテッドで僕の特技や趣味は知っていたものの、そこまで深い話は出来ないですから、「やまちゃんねる」ではそういった活動もしていきます。実際に「美味しいチャーハンの作り方」は反応も良くて。マスでなければ、こういうメディアもアリだと思いました。

1 2次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき