ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神奈川「さがみロボット産業特区」、鉄腕アトムがイメージキャラに

神奈川「さがみロボット産業特区」、鉄腕アトムがイメージキャラに

「さがみロボット産業特区」パンフレット表紙
神奈川県の相模原市で進められている「さがみロボット産業特区」のイメージキャラクターが、マンガの神様・手塚治虫さんのキャラクター・鉄腕アトムに決定したことが1月16日(木)に発表された。

「さがみロボット産業特区」とは?

さがみロボット産業特区

「さがみロボット産業特区」パンフレット(中面)

「さがみロボット産業特区」とは、進む高齢化や、いつ起こるとも知れない地震・台風などの自然災害などから住民をロボットの力で守り、解決していこうというコンセプトの特区制度。神奈川県内の相模原市を中心としたさがみ縦貫道路沿線地域等(9市2町)を対象地域とし、生活支援ロボットの実用化や普及・促進を目指している。

なお、相模原市周辺は全国でもトップレベルのロボット関連産業が集まっているとされている。

生活支援ロボット

左:Copyright (C)2009 理化学研究所RTC All Rights Reserved. 右:メンタルコミットロボット・パロ。(C)独立行政法人産業技術総合研究所/株式会社知能システム

ロボットで支える県民のいのちという理念が掲げられ、ロボットを開発する時のハードルとなる様々な法令の規制を緩和することによって、介護・医療ロボット、高齢者等への生活支援ロボット、災害対応ロボットなどの実証実験をサポートするようだ。

広報力をアトムのキャラクターで強化!

今回、その「さがみロボット産業特区」のイメージキャラクターに、あの鉄腕アトムが決定。

鉄腕アトムの持つ「7つのチカラ」(原作では電子頭脳、人工声帯、聴力1000倍、サーチライトの目、十万馬力、足のジェット噴射、お尻からマシンガンの7つを指す)になぞらえ、「さがみロボット産業特区」から生み出されるロボットを7種類のポスターにして特区内の主要な駅に掲示するとのこと。「県のたより」紙面においても、順次紹介されていく。

普及・啓発リーフレットの作成・配布やホームページの更新など、今後様々な広報活動を展開していく中で、鉄腕アトムが活用されていくようだ。

関連記事

不気味過ぎると話題! ソウマトウによるWeb漫画「黒」とは?
トキワ荘プロジェクト 若手漫画家向けの確定申告講座開催!
圧倒的爆ポップ感──絵画/漫画/アニメ作家・ぬQ、ついに初個展
漫画と音楽の祭典・ジオラマミュージックフェア’13──渋谷を熱狂させた7時間を完全レポート

関連リンク

さがみロボット産業特区

エンタメ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。