ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『るろうに剣心』で謎のままだった福山雅治の配役はやっぱりあのキャラで確定!
  • 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、スーパーボウルで新トレーラーを公開
  • 実写映画版『ムーラン』、歌を中心とする作品にはならないと監督が発言
  • 【動画】アベンジャーズたちは何故闘い続けるのか? 彼らの死闘を描いた胸アツPVが解禁!
  • 映画『ワンダーウーマン』のファイナル・トレーラーがMTVムービー&テレビ・アワードでサプライズ公開
  • 最恐の“学校の怪談”『死霊高校』予告編解禁! 「ホラー通信」のコメントも登場するぞ!
  • 『テルマエ』『るろ剣』だけじゃない! 洋画もアツい注目のコミック原作映画
  • 『シン・ゴジラ』発声・コスプレ・サイリウムOK上映 8月15日19時@新宿バルト9で開催決定!
  • 【写真】第89回アカデミー賞で作品賞の発表ミス、ステージ上と観客席のリアクション集
  • 『坂道のアポロン』“佐世保弁”指導の宝亀克寿さんに聞く「中川大志君は九州弁特有の開放感もマスターしていた」
  • 東京で一番うまいカレーパンを勝手に決定! “インドのスター”ラジニカーント生誕祭にファン熱狂
  • スーツ姿のユアンが超キュート! さえない毎日が輝きだす感動作『砂漠でサーモン・フィッシング』
  • 口コミでヒット中『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』主演オスカー・アイザックインタビュー
  • 【独占記事】ライオンズゲート、グラフィックノベル『Romeo and Juliet: The War(原題)』を映画化へ
  • 迷惑行為でお金稼ぎ・過激化する動画配信者についてどう思う? 『NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム』ひろゆき氏インタビュー
  • タダクニ役に菅田将暉!『男子高校生の日常』が映画化でイヤな予感しかない

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

EXILE ATSUSHI、新シングル“青い龍”は本日開始ドラマ〈医龍4〉主題歌

 

 

フジテレビ系で本日1月9日21:00にスタートする坂口憲二主演の新ドラマ「医龍4~Team Medical Dragon~」の主題歌に、EXILE ATSUSHIの新曲“青い龍”が起用される。

この楽曲は、ドラマの内容ともリンクする〈現代が抱える医療問題〉についてATSUSHIみずからヒアリングを行い、独自の目線で歌詞を書き下ろした渾身のR&Bチューン。理想通りにはいかない現実のなかで、それでも希望を信じたいという強い気持ちがテーマになっているという。この新曲に伴うATSUSHIのアーティスト写真は、トレードマークのサングラスを外した彼の目が青く光っており、この曲にかけるATSUSHIの思いが伝わるヴィジュアルとなっている。

“青い龍”は彼のニュー・シングルとして2月19日にリリース。カップリングには美空ひばりの名曲“愛燦燦”のカヴァーが収録され、表題曲のPVを収めたDVD付きタイプも初回生産限定で登場する。なお、3月12日にはソロ名義でのニュー・アルバム『Music』も発売されるので、ファンは併せてチェックしよう。

★EXILE ATSUSHIのニュー・アルバム『Music』についてのニュースはこちらから

 

〈EXILE ATSUSHI “青い龍”収録内容〉
【CD】
1. 青い龍
2. 愛燦燦
※各曲インスト収録予定

【DVD】※CD+DVDのみ
1. 青い龍 (Video Clip)

 

EXILE ATSUSHI コメント

この曲の中での青という色は、人間の刹那を表現していて、龍というのは、ある意味では神様を表しています。その刹那の神は、僕ら人間を何処へと導いてくれるのかという、メッセージが込められています。今起こっている社会の中での問題や、どうにもならない思いを、リアルな歌詞にして歌ってみました。〈幻を愛した〉という歌詞が出て来ますが、だれしもが持っている理想は、現実社会ではなかなか実現しない物で、それでも希望を信じたい!という強い気持ちがこの曲のテーマにもなっております。

魂の叫びを、ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。

 

坂口憲二 コメント

タイトルも歌詞も医龍の世界観にぴったり。ATSUSHIさんと共に今までにない医龍をお届けしたいと思っています!

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。