ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本初、プレスリリース画像をプロのカメラマンに撮影依頼が可能なサービスがスタート

PRTIMEScamera

毎日のように、たくさんの製品やサービスについてのプレスリリースが登場しているが、プレスリリースに付いてくる画像は、閲覧者の印象を大きく左右するもの。「少しでもよい写真を」というのが販売側の本音だろう。このたび、プレスリリース配信のPR TIMESでは、国内で初めて“プロのカメラマンによる商品撮影サービス”をスタートした。

同社で契約しているプロカメラマンが、プレスリリースで必要な商品画像を撮影するというもので、1商品につき1~3カットの写真を撮影してくれる。縦、横、幅が30センチ以内の商品を対象としており、1度に最大5アイテムまで申し込みが可能だ。撮影料金は、1商品につき1000円(税抜)で、配送料は依頼者の負担となる。通常のケースでは、商品到着から2~3週間ほどの撮影期間を要するという。専門家が撮影した画像ならば、ソーシャルメディアなどで拡散されていくに耐えるクオリティが期待できそうだ。

ただし、このサービスを利用できるのは、PR TIMESのプレスリリース配信を利用している企業や団体に限られる。とはいえ、かなりお手頃な値段で、プロが撮影した安心できるクオリティのリリース画像を用意できることは、企業側のプレスリリース配信の敷居が下がることにつながるかもしれない。

PR TIMES カメラマンによる撮影サービス

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。