ジャレコ社員向け “加藤社長のスウェーデン出張記録”

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT
jc

日本を代表するゲームメーカーといえば、任天堂、セガ、そしてジャレコだが、ジャレコの社長が世界最大規模のゲームイベント『ドリームハック』(DreamHack)を視察するため、自腹でスウェーデンのヨンショーピング市に緊急出張。本人は「ごはん食べる暇もないくらい視察で忙しい」とのことなので、かわりにジャレコ社員へ加藤社長のスウェーデン出張記録を報告したいと思う。

11月25日(水) 成田→アムステルダム→ヨーテボリ
ギネスブックにも乗っているという大規模なゲームショウ『ドリームハック』を視察するため、加藤社長がスウェーデンに出発。ジャレコの最新ゲームを外国人に体験プレイしてもらうため、出展許可もないのにニンテンドーDS用ソフト『ワイズマンズワールド』(2010年発売)を持って行くことに。

11月26日(木) ヨーテボリ→ヨンショーピング
スウェーデン第二の都市ヨーテボリで一泊した翌朝の26日、鉄道でヨンショーピング市に向かう。そこからタクシー移動となった。会場まで運賃として260クローネかかったが、他のスタッフによると90~100クローネで移動できることが判明。さっそくボラれる。しかし運転手が実にユニークなオヤジだったため、その人柄に惹かれて今後の移動もオヤジにお願いすることにした。

会場には、海外でも爆発的な人気を誇る日本人アイドルのジュリちゃんもかけつけて、『ドリームハック』のステージに立つ。加藤社長は「人手が足りない」という理由からパソコンを管理する係として使われる。一通りの仕事が終わった後、視察をしようとするも体力が限界となったため、シマンテックのブースで座りながら寝ることに。スウェーデン人のシマンテックスタッフは加藤社長に話しかけることなく、遠くから見つめていた。

jac

なぜか加藤社長がプレイステーション3と『3Dドットゲームヒーローズ』を持参していたので、それを外国人にやらせて感想を聞いてみた。加藤社長、フロムソフトウェアかシリコンスタジオに転職でもする気なのかと噂が流れる。

11月27日(金) ヨンショーピング→ヨーテボリ
お昼ごろ再度『ドリームハック』の会場にやってきた加藤社長。視察をすると思いきや、レストランの空いている席に座りメールチェック。しかし、まったく『ワイズマンズワールド』の宣伝をまったくしていないことに気がついた加藤社長は、そこら辺にいた外国人を捕まえてゲームをプレイさせ、感想を聞いていた。外国人「いいと思う」。

11月28日(土) ヨーテボリ
他の日本人スタッフは帰国するものの、加藤社長だけはヨーテボリにもう1日だけ滞在して帰ることに。本人は「飛行機のチケットが買えなかった」と言っていたものの、外国人のお姉さんをナンパでもするのではないとの噂がスタッフの間に……。

11月29日(日) ヨーテボリ→アムステルダム→成田
アムステルダムを経由して帰国する予定。月曜からはジャレコの社員たちに視察報告をすると思われるが、特に何もしていないので会議室を予約する必要はないと思われる。

■最近の注目記事
海外のゲームショウは参加者の快適さを考えている
ウイルス撃退ソフトのシマンテック『ノートン』がゲームショウに参加する理由
『ドリームハック』脅威のゲームブッ続け4日間! その場でダウンする者も
ギネスに載ってる世界最大のゲームイベント『ドリームハック』開催!
スウェーデンで世界最大のゲームショウ開催!『ドリームハック』って何?

access_time create folderエンタメ ガジェ通 デジタル・IT
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧