ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2PMジュノ、KARA、「テッド」が首位! 今週のタワレコ・チャート

 

タワーレコード全店の7月22日~7月28日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. JUNHO(From 2PM) 『キミの声』
2. SUPER JUNIOR 『Hero』
3. クリープハイプ 『吹き零れる程のI、哀、愛』
4. いきものがかり 『I』
5. 相対性理論 『TOWN AGE』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. KARA “サンキュー サマーラブ”
2. FTISLAND “シアワセオリー”
3. GLAY 『DARK RIVER/Eternally/時計』
4. シド “サマラバ”
5. INFINITE “Destiny”
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. 「テッド」
2. miwa 「miwa live at 武道館 ~卒業式~」
3. ももいろクローバーZ 「ももいろクローバーZ JAPAN TOUR 2013 5TH DIMENSION」
4. BIGBANG 「2012~2013 BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR DVD [THE FINAL IN SEOUL & WORLD TOUR]」
5. SCANDAL 「SCANDAL OSAKA-JO HALL 2013 Wonderful Tonight」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートは、2PMのジュノが全曲の作詞作曲に携わった初ソロ・アルバム『キミの声』が1位に。そして、先週末に東京ドーム2デイズ公演を行って注目を集めたSUPER JUNIORの日本ファースト・アルバム『Hero』が2位と、韓国勢がワンツー・フィニッシュを決めています。さらに、資生堂〈アネッサ〉のCM曲“憂、燦々”を収めたクリープハイプの『吹き零れる程のI、哀、愛』が3位、〈カルピスウォーター〉のCMソング“1 2 3 ~恋がはじまる~”をはじめとするタイアップ曲を満載したいきものがかりの『I』が4位、相対性理論の約3年ぶりのオリジナル作『TOWN AGE』が5位に初登場しました。

シングル・チャートで首位を獲得したのは、KARAの夏にぴったりの爽やかなポップ・チューン“サンキュー サマーラブ”。2位以下には、アニメ映画「劇場版トリコ 美食神の超食宝」のエンディング主題歌であるFTISLANDの“シアワセオリー”をはじめ、NHK総合で放送中のドラマ「激流~私を憶えていますか?~」の主題歌“DARK RIVER”と挿入歌“時計”を含むGLAYのトリプルA面作、シドが結成10周年記念プロジェクトの第5弾としてリリースした“サマラバ”、INFINITEの韓国セカンド・シングル“Destiny”が並び、男性グループの作品も人気を集めています。

DVDチャートでは、見た目のキュートさとは裏腹にオヤジの心を持つテディ・ベアが大きな評判を呼んでいるコメディー映画「テッド」がトップに。そのほか、今春に大学を卒業したmiwaの初の東京・日本武道館公演が記録されたアイテムが2位、ももいろクローバーZによる愛知・名古屋ガイシホールでのパフォーマンスを映像化した作品が3位、BIGBANGの初ワールド・ツアーのファイナルとなった韓国・ソウル公演のパッケージ作が4位、SCANDALの結成当時からの特別な夢だった大阪城ホール公演の模様を収めたタイトルが5位と、トップ5にはライヴ作品が多くランクインしました。

タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。