ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

世界各地で日本酒ブームが巻き起こっていると言われて久しい。

国税局のデータ『酒類の輸出統計』に目を通すと、平成13年から平成24年の11年間で日本酒の海外輸出額は32億円から89億円に、約三倍の伸びを見せている。

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

データを見る限り、原発事故の風評被害も日本酒に関しては影響が感じられず、ここまで来ると海外での日本酒の位置づけはもはやブームにとどまらず、ワインのような定番酒となってさらに幅広い層に普及していくのではないかと期待してしまう。

そして今、注目されているのが日本酒の現地生産。これまでにも韓国や台湾、ブラジルなどで日本人、もしくは戦前から日本文化に触れていた人々に向けて現地生産がおこなわれている例はあった。しかし2010年頃から、それらとは一線を画す新しい動きとして、ヨーロッパ、アメリカ各地で現地の醸造家たちが、より自分達の好みにあう日本酒を追及して現地生産をスタートし始めている。日本人の民族酒であった日本酒が、着実に世界の『Sake』になりつつあるのだ。
代表的な銘柄はアメリカ・テキサス州 『Texas Saké Company』の『Whooping Crane』

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

ノルウェー『Nøgne Ø』の『裸島』

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

カナダ・トロント『Ontario SpringWater Sake Company』の『泉 IZUMI』など。

テキサス!ノルウェー!トロント!世界各地で醸される日本酒の現在

これらの酒蔵に共通しているのは、あくまで高品質の酒造りを目指し、山廃(やまはい)仕込み、高精白の吟醸造りなど手間もコストもかかる技術にこだわっていること。味は、従来の価値観からすると個性的に感じるものも多いようだが、地域の食文化や作り手の方向性によって趣向が異なってくるのは当然だ。むしろ日本酒の世界が多種多様に、豊かになることは酒飲みにとって喜ばしい限りではないか。

世界各地に根付いたばかりの日本酒文化が、今後どのような発展を遂げていくのか温かく見守っていきたい。

 

※画像は

『Texas Saké Company』ブログ http://www.txsake.com/

『Nøgne Ø』ブログ http://sakenogne-o.blogspot.jp/

『Ontario Spring Water Sake Company』公式サイト http://ontariosake.com/

から引用いたしました。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。