ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妹への私信。クロスバイク購入に関するアドバイスをまとめてみたぞ

妹への私信。クロスバイク購入に関するアドバイスをまとめてみたぞ

今回は城伊景季さんのブログ『wHite_caKe』からご寄稿いただきました。

妹への私信。クロスバイク購入に関するアドバイスをまとめてみたぞ

知人に、というか具体的に言うと妹に「クロスバイクが欲しいんだけど、どれ選ぶのがええんじゃろー? いろんな自転車があって違いがわからん」と質問されたので、返信メールを書いていたら我ながら気持ち悪いくらい長文化して、誰に何を語っているのかわからなくなってきたので、どうせだからブログにのせます。

スポーツ自転車をちょっとはじめてみたい、とか思っている方は読んでみてもいいかもしれません。

私自身はクロスバイクに乗り始めて一年ちょっとで最近やっとロードバイクの購入計画をたてはじめたくらいの初級者ですので、あまり深くは信頼しないようお願いします。

ただまあ、そのくらいの初級者の言葉のほうが立場の近さゆえに初心者には参考になるケースがどこかにある、そんな可能性が微粒子レベルで存在している気もするんです。

いろいろな自転車

クロスバイクってなにさ、ママチャリで何が悪いのさとお思いの方がいらっしゃると思いますのでまずはそこから軽く説明します。

ママチャリというのは靴にたとえると、気軽にはけて便利な「つっかけサンダル」です。

近所のコンビニまで行くときはブーツやスニーカーやパンプスよりも、つっかけサンダルが使いやすいように、ちょっとでかけるときにぴったりな自転車、それがママチャリです。

丈夫で安価、ほとんど手入れをせずに野ざらし状態でも乗れる、段差や荒れた路面に比較的強い、カゴに荷物を積めるなど、長所がたくさんあって、とても実用的ですが、つっかけサンダルでマラソンに出場するのが不適切なように、長い距離を乗るのには不向きです。5kmくらいならば気持ち良く乗れると思いますが、10kmを越えたあたりから「楽しくないしなんか辛いしできればおうちに帰りたい」みたいな気持ちが芽生えてきたりします。

自転車は有酸素運動を長い時間らくにできるのでダイエットに向いていますが、ママチャリは長距離に不向きなゆえ、ダイエットにもあまり向いていません。

もちろんママチャリであっても工夫次第でそれなりの長距離乗れるのですが、そのへんの話は置いといて。

自転車で長距離走って、長く運動したい、と思う方にはいわゆる「スポーツ自転車」をおすすめします。

スポーツ自転車にもいろいろありますので、今回はざっと「マウンテンバイク」、「クロスバイク」、「ロードバイク」について説明します。

マウンテンバイクはその名の通り、未舗装の山道などもがんがん走れる自転車で、靴に例えるなら「登山用のトレッキングシューズ」が近いです。

サスペンション付きで段差に強く、ごつごつした太いタイヤが路面をしっかりとグリップするので荒れた道でもどんどん進めるマウンテンバイクは、オフロードでは無類の走破性能を誇ります。

ですがそのぶっといタイヤゆえに、舗装された路面での走行性能はロードバイクやクロスバイクに劣ります。

どれほど優れた性能のトレッキングシューズでも、陸上用トラックでの競争になれば、スニーカーやスパイクのほうが走りやすく有利、というのと同じようなかんじです。

ロードバイクは舗装された路面をできるだけ長い距離、できるだけ速く走るために作られた自転車です。

おそろしく軽いフレーム、細いタイヤで、びゅんびゅんと走ります。靴にたとえるならば、極限の軽量化をはかり、特殊素材などをふんだんに用いた「陸上用スパイク」が一番近いでしょうか。

ロードバイク乗りの方々は軽めなら一日100km、たっぷりなら一日200km、おれなんて500kmいけるぜ、とかちょっと信じがたい距離を乗りこなします。そういうことができるのがロードバイクなのです。

タイヤが細いということはつまり摩擦が少ないということで、その分タイヤが転がりやすいので、ロードバイクは速く、効率よく走るわけです。ですが摩擦が少ないということは、その分路面をしっかりグリップしていないことになりますから、荒れた路面や段差には弱いです。

コレ、厳密にはビミョーに間違った知識なんですが、興味あるようでしたらあとでちゃんと勉強して正しい知識を上書きして下さい。手っ取り早さを重視するようでしたら、とりあえずこのまま覚えちゃってください。

今回妹が欲しがっているクロスバイクは、靴にたとえれば「スニーカー」です。

つっかけサンダルよりは脱着が面倒だけれど、ずっと運動に向いていて、気軽な散歩やスポーツにはちょうどいい靴ですね。

オフロードを楽しむならマウンテンバイクのほうがずっといいです。

長時間・長距離をストイックに楽しむなら、ロードバイクにはかないません。

そういう中途半端にいろんなジャンルがクロスした要素を持っているから、クロスバイクというのです。

クロスバイクは街乗りや通勤に向いていると言われます。私も通勤用に買いました。

舗装された道ならば、マウンテンバイクよりも軽快に走ってくれますし、ロードバイクよりは太いタイヤをはいているので、段差や荒れた路面にもそれなりに耐えてくれます。

気軽に乗れるけどママチャリよりはずっとスポーティで楽しいというのが、クロスバイクの魅力です。

あと他にはシクロクロスとかファットバイクとかミニベロとかピストバイクとかリカンベントとかいろんな自転車がありますけど、きりがないのでこのへんで。どうしても知りたい人はウィキペディアとか見るといいじゃない。

クロスバイクの選び方

ここでやっと初心者がクロスバイクを購入するためのハウツーに入っていくわけですが、まず予算としては、5万前後(できれば7万くらい用意できると幅も広がる)を覚悟してください。

ホームセンターなどで数千円のママチャリが気軽に買えるこの時代、自転車に5万というのはおそろしく高く思えたりもしますが、「ちゃんとしたクロスバイク」といえるものを買うには、これくらいは必要なのです。

世の中には安いママチャリよりは高いんだけど、いわゆる「ちゃんとしたスポーツ自転車」よりは安い、「ルック車」と呼ばれるものがあります。

マウンテンバイク風な見た目なのに強度が足りなくて悪路走行できないルックMTBなどが、その代表ですね。

ホームセンターママチャリしか知らない人がルック車に乗ると、ギアも多いし、なかなか速くて快適だなあ、と思ったりもするんですが、それは今までの人生で牛肉の代わりにハムが入ったすき焼きしか食べたことがない人なら、

「わーすき焼きだうれしー、ハムがおいしー」

と思ったりするようなもので、つまり、濃厚な悲しみの気配が漂います。

もしもあなたの友人や恋人が「えっ、すき焼きってハムじゃないの?」とか言い出したら、とりあえず一度はスーパーでそれなりの肉を買ってきてすき焼きを作ってあげたくなりませんか。

1 2 3 4次のページ
エンタメ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。