ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中国でスマートデバイスブランド「GEAK」がローンチ、カメラ機能を特徴とした2機種のAndroidスマートフォン「Eye」、「Mars」が発表

中国国内では想像以上に多くの企業がスマートフォンを開発・販売していますが、今度は果壳電子という企業が独自のスマートデバイスブランド「GEAK」を立ち上げ、Androidスマートフォン2機種を発表しました。今回発表されたのは「Eye」と「Mars」の2機種で、どちらも、Androidシステムに独自のUIスキンを被せた「GEEK OS」を搭載しています。特にカメラスペックが高いところが特徴となっています。「Eye」は、5インチ1,280×720ピクセルのIPS液晶、MediaTek MT6589 1.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した3Gスマートフォン。リアのメインカメラにはSony製1,300万画素のExmor RS for Mobileがされており、フロントのサブカメラには800万画素の撮像素子が採用されています。「Mars」はGEAKのフラッグシップとなる機種で、5.8インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶、Snapdragon 600 1.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載しています。「Mars」にもリアのメインカメラにはSony製の1,300万画素Exmor RS for Mobileが採用されています。2機種ともまずは中国国内で6月25日に発売される予定です。価格は、Eyeが1,999元(約3万円)、Marsが2,999元(約46,000円)。Source : GEAK



(juggly.cn)記事関連リンク
電通、マラソン大会の通過タイムをSNSに自動投稿する機能を利用した広告サービス「SOCIAL_MARATHON」を開発、今後は国内主要大会に導入予定
Huawei、世界最薄を謳う厚さ6.18mmの薄型Androidスマートフォン「Ascend P6」を正式発表、6月に中国で発売し、7月には欧州でも発売
ソフトバンク、「Honey Bee 201K」にソフトウェアアップデートを提供開始、ボタン操作の機能割り当てを変更、スリープから復帰しない事象にも対処

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。