ボカロは金になる 群がる企業

access_time create folderエンタメ
ボカロは金になる 群がる企業

今回は『TomoNews』からご寄稿いただきました。

ボカロは金になる 群がる企業

「ボカロは金になる 群がる企業」 『YouTube』




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://www.youtube.com/watch?v=DtrBDxz5CLw&feature=youtu.be

オリコンNews株式会社は6月4日、アルバム部門の6月10日付週間ランキングで、音声合成ソフト“VOCALOID”を使用した楽曲アルバム、「メカクシティレコーズ」がランキング首位に立ったことを発表した。

さらに6月6日には、同アルバム作曲者、じん(自然の敵P)が書き下ろした小説、「カゲロウデイズⅢ ‐the children reason-」が文庫部門の週間ランキングで首位にランクイン。圧倒的な人気の高さを見せつけている。人気キャラクター初音ミクを代表に、今や人間の歌手をしのぐほどの人気を見せつつあるボカロ音楽。

しかし、人気が拡大する一方で、企業による介入も急速に進みつつある。レーベルによる人気作曲家の囲い込みや、プロデビューを前提とした投稿、企業とのタイアップ企画が頻繁に行われ、多くのアマチュア作曲者が投稿していたニコニコ動画は、今では単なる音楽レーベルの宣伝場所……といった様相だ。

何だか業界全体に金の匂いが染みついてしまった気もするが、これも時代の流れなのだろうか?

執筆: この記事は『TomoNews』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年06月10日時点のものです。

access_time create folderエンタメ

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧