ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。


今回はiPhone愛用中ドコモ店員さんのブログ『iPhone愛用中ドコモ店員のブログ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、https://getnews.jp/archives/341027をごらんください。

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。

いらっしゃいませ!
iPhone愛用中ドコモ店員です。
今日のタイトルは、ショップ店員の僕にはちょっと大きすぎる話題かもしれません。
もちろん未来のことは、誰一人として確実にわかるわけはないです。
しかしコメント欄で要望を頂いたということで、僕がいままでに個人的にしてきた勉強と、店頭での触感をもとに、docomo・au・ソフトバンクの未来を本気で予想してみます。

ちなみに現在の各キャリアの利用者数は、

ドコモ→約6000万人
au→約3700万人
ソフトバンク→約3000万人

です。

多分、読むだけでぶわーっと感覚が広がるような、面白いものになりそうです。

といっても、気軽にどうぞ。
目次です。

——————–

1、社長から考える

2、人口ピラミッドから考える

3、iPhoneから考える

4、結論

——————–

1、社長から考える

ひとつめに”社長”という切り口で書くのには強い理由があります。

みなさんも経験はあると思うのですが、部下は上司に逆らえません。ほとんどの場合。

よっぽど開けた人間関係や、先進的な職場でない限り、上司がやることを決め、部下はその指示に従うだけです。

ドコモショップに行っても、店員はイレギュラーな用件は全て店長に話を聞かなければなりません。

イレギュラー対応などは店長が処理しますが、普段の販売目標などは、エリアマネジャーからの指示で動いています。

エリアマネジャーも、もともとは本社の営業部からの指示で動いています。

営業部にも、営業部員がいて、営業部長がいて、さらにそのうえには専務がいて、その専務すら社長の指示で動いています。

もちろん社長は株主の顔色を伺いながら仕事をしているのですが、具体的な戦略を描いたり、責任をとるのは社長なので、やはり社長の考え、意図が、会社全体に最も大きな影響を与えています。

ということで社長比較をしてみましょう。

●docomo現社長
加藤薫(かとうかおる)(62歳)
1977年(36年前!!)に電電公社(ドコモの前身ですね)に入社し、出世を重ねて、現在に至る。社長になってまだ1年も経ってない。

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/011.jpg

●au現社長
田中孝司(たなかこうじ))(56歳)
1981年に国際電信電話(KDDIの前身ですね)に入社し、出世を重ねて、現在に至る。社長になって3年半。

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/02.jpg

●ソフトバンク現社長
孫正義(そんまさよし)(55歳)
1981年に日本ソフトバンク創業。J-phoneなどの買収をして、今に至る。社長になって32年!!

docomo・au・ソフトバンク 3社の未来を本気で予想。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
https://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/05/03.jpg

と、カンタンな略歴を紹介しましたが、もっとも重要なのは、docomo、auは技術者出身の社長。

ソフトバンクの孫さんだけ、経営者として30年以上の経験値がある。

ということで、経営の手腕で、孫さんだけ頭一つ飛び出ているのは間違いありません。

それは、iPhone導入のスピードにしても、ここ数年の加入者の伸び率にしても、J-PHONEや米国スプリントなど、数々の買収によってチカラをつけ続けていく手腕を見ても、明らかです。

ということで孫さんに1ポイントです(笑)。

一方、2012年度のMNPによる伸び率は、auが一番多かったです。

それはなぜかと分析すると、田中社長の手腕があったからです。

田中孝司氏が社長になってから、おそらく世界でも2大スマートフォンであるGALAXYシリーズとiPhoneシリーズをauは取り扱いを始めました。

「iPhoneにしたいけど、ソフトバンクはイメージ悪いし、繋がらんらしいしイヤだ」というひとを、多く取り込めました。

それに加えて、auスマートバリューという、3キャリアで最も安いプランを提供することで、固定回線とセットのユーザを逃さず、増やしています。

どうやら田中社長にも1ポイントですね(笑)

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。