700件以上のコンテンツ!STEAM教育や探究型の学びを提供するウェブシステムが登場

access_time create folderデジタル・IT

一般社団法人学びのイノベーション・プラットフォームは、STEAM教育や探究型の学びに資するウェブシステム「PLIJ STEAM Learning Community」の運用を開始しました。小学生から社会人まで幅広い世代へ向けて、学びを提供するサービスです。

STEAM教育や探究型の学びに資するウェブシステム

「PLIJ STEAM Learning Community」は同法人の会員(企業会員34社、国立研究開発法人・大学・高校などの特別会員321団体)を中心に、多様な機関から提供された動画などの「コンテンツ」、工場見学や出前授業などの「リアル体験機会」を掲載したもので、高校生を中心に、小学生から社会人まで幅広い世代の利用を想定しています。

4月28日の運用開始時点で、700件以上の「コンテンツ」「リアル体験機会」を掲載。今後もさらに充実されることが予定されています。また理系/文系、教科型/融合型など幅広い種類を扱っている点も特徴です。

PLIJ STEAM Learning Communityの特徴

「PLIJ STEAM Learning Community」は、以下の4つの特徴を持っています。同システムを広く周知するため、今後ウェビナーの開催を計画しています。

1.登録の厚み増進の期待

一つ目の特徴は、短期間で「コンテンツ」及び「リアル体験機会」が豊富に登録されている点です。2023年1月末から会員を中心に登録依頼を開始し、運用開始時点、総数750件が登録されています。内訳は、「コンテンツ」が590件、「リアル体験機会」が160件で構成され、両者の融合的活用や多様な利用シーンに応えます。

2. 提供機関の多様性

二つ目の特徴は、提供組織が多様である点です。運用開始時点、42の多岐にわたる組織から登録を受けており、組織カテゴリー別では、企業から155件、国立研究開発法人から295件、大学から72件が登録されています。多様な業界・業種の「コンテンツ」及び「リアル体験機会」を一同に介して登録され、横断的に検索・閲覧が可能となっている点は、社会総出で産学官公教の連携を促進するPLIJの活動を具現化したものであり、これまでにない画期的な特徴となります。

主な提供者は、企業では、全日本空輸株式会社、三菱電機株式会社、株式会社ニコン。国立研究開発法人では、国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構、国立研究開発法人情報通信研究機構、国立研究開発法人理化学研究所。大学では、国立大学法人東京大学、国立大学法人広島大学、国立大学法人大阪大学です。

3.広範な分野をカバー

三つ目の特徴は、幅広い分野構成を持つウェブシステムである点です。第一階層として「サイエンス」「エンジニアリングとテクノロジー」「健康・スポーツ(体育)」「芸術・リベラルアーツ」「数学」「統合的・融合的・探究型の学び」を有し、最大第三階層まで構成されています。

なお第一階層の分野における件数・割合は、運用開始時点で下記の通りとなっています。

・サイエンス(件数:231、割合:25.9%)
・エンジニアリングとテクノロジー(件数:169、割合:19.0%)
・健康・スポーツ(体育)(件数:28、割合:3.1%)
・芸術・リベラルアーツ(件数:51、割合:5.7%)
・数学(件数:4、割合:0.4%)
・統合的・融合的・探究型の学び(件数:408、割合:45.8%)

登録件数に偏りがある点は改善を図っていく予定であり、特に、「健康・スポーツ(体育)」「芸術・リベラルアーツ」「数学」は登録件数が少なく、今後、広く収集を継続して参ります。

4.コンテンツの進化

四つ目の特徴は、コンテンツが進化するように工夫を凝らしている点です。「PLIJ STEAM Learning Community」においてユニークなテーマを選択した上で、創意工夫をこらしたコンテンツを制作・登録することで、関係者に気づきを与え、総じてコンテンツの進化を呼び起こすサイクルをめざしています。

今、教育現場でウェブを活用したSTEAM教育が注目を集めています。「PLIJ STEAM Learning Community」は多くの人にとって新たな学びの場となりそうです。

PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000120890.html

公式サイト:https://community.plij.or.jp/

(文・zio)

  1. HOME
  2. デジタル・IT
  3. 700件以上のコンテンツ!STEAM教育や探究型の学びを提供するウェブシステムが登場
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。