女神転生の原作者・西谷史先生が裏話をTwitterで語る「僕の小説は真・女神転生の原作といっていいと思うが あなたはどう思う?」

access_time create folderゲーム

西谷史先生が執筆した伝説的小説作品『デジタル・デビル・ストーリー』シリーズ。複数の作品が存在し、『デジタル・デビル・ストーリー 女神転生』や『新デジタル・デビル・ストーリー1 捕われの女神』なども、そのシリーズのひとつ。

女神転生の世界はいま現在も広がっている

西谷史先生が創造したそれらの作品はアニメーション化され、さらにはテレビゲームとして『デジタル・デビル物語 女神転生』を誕生させた。スーパーファミコンで発売された『真・女神転生』シリーズは爆発的な人気を得て、2023年現在も愛されるゲームシリーズであり、さらには派生した『ペルソナ』シリーズも絶大な支持を得ている。

「女神転生」裏話をTwitterにてツイート

そんな「女神転生」の生みの親である西谷史先生が、かつて小説を執筆した際の裏話をTwitterにてツイートし、多くのファンが歓喜。その興味深い内容に注目が集まっている。以下は、西谷史先生のTwitterコメントである。








まさに知られざる真実

ゲーム『女神転生』シリーズの原作はアニメ作品。そのアニメ作品の原作は小説。そこまでは多くのファンが知っていることだと思われるが、西谷史先生が語ったのは小説、アニメ、ゲームが絡み合う秘話であり、まさに知られざる真実といえる。

あなたはどう思う?

西谷史先生は「僕の小説は真・女神転生の原作といっていいと思うが、あなたはどう思う?」と私たちファンに問いかけているが、皆さんはどうお思いだろうか。

ちなみに、西谷史先生がゲームの世界観をもとに執筆した小説『真・女神転生 エル・セイラム』も存在する。極めて興味深い。気になる人は手に取ってみてはいかがだろうか。







※記事画像はスーパーファミコン『真・女神転生』パッケージより

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderゲーム
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧