ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「中国人は金で人を殺す?」片山さつき議員がTwitterで暴論 安倍総理への反発か

「中国人は金で人を殺す?」片山さつき議員がTwitterで暴論 安倍総理への反発か

5月7日、片山さつき議員が『Twitter』上で中国人に対する人種差別ともとれる発言をしたことが大きな波紋を呼んでいる。

内容は以下の通りだ。

「昨日飛行機で隣り合わせた台湾女性ビジネスマン“台湾と中国の人の最大の差は価値観。お金のため人殺しというのは台湾にはない。あとは中国韓国の国家的反日教育こそ、過去の呪縛で未来の世代を縛り続ける愚行”と。明快でした」

あくまで「台湾女性ビジネスマン」の発言としているが、「明快」と添えているので、片山議員自身これに賛同しているということであろう。同日には安倍総理自らが参院予算委員会で「一部の国、民族を排除する言動があるのは極めて残念なことだ」と人種差別、マイノリティへのヘイトスピーチが蔓延する世相に釘を刺したばかり。

在日韓国人排斥を訴える市民団体“在特会(在日特権を許さない市民の会)”関係者との交流も取り沙汰されている片山議員。問題のツイートは安倍首相の発言以後に行われたものであることから、反発の意があったかどうかは定かでないが、総務大臣政務官として内閣運営に関わる者としては責任を問われて当然の失態と言える。

これに対し中国出身の実業家、宋文洲氏は

「中国人は金で人を殺す?」片山さつき議員がTwitterで暴論 安倍総理への反発か

「片山さつきさんは、単にメディアに乗りたい薄っぺら政治家の一人に過ぎない」

「この発言は典型的なヘイトスピーチです」

「“バスで米国人女性と隣り合った。『日本と米国の違いについて、米国に金のために人を殺す人はいない』と、明快だ”。もし中国の議員がこんな発言した場合:①その米国人女性は実在しない。②「明快」と言った以上、自分が言ったと同じ。……と世界では考えられる。」

と片山議員の発言を非難しており、少なからぬ良識的なネットユーザーからの支持を集めている。他国や特定の層を攻撃して支持を得ようとする政治スタイルがこれ以上広がらないよう、本件の糾明が期待される。

※画像を『Twitter』から引用しました。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき