嬉野温泉駅開業! 佐賀県・嬉野市の温泉街を楽しめるメタバース誕生

access_time create folderデジタル・IT

観光で温泉街へ訪れたり、観光地の名物品を購入したりしたいものの、移動の手間や感染症のリスクなどの理由から、なかなか出かけられないという人もいるのではないでしょうか。

「デジタルモール嬉野」は、ユーザーが佐賀県・嬉野市の観光地をアバターで訪問できるバーチャル空間。嬉野市にある店舗の名産品を購入できるほか、ユーザー同士の交流を楽しめます。

嬉野温泉駅・観光交流センターを再現

「デジタルモール嬉野」は、大日本印刷株式会社が佐賀県嬉野市、日本工営株式会社、株式会社ケー・シー・エスと連携して構築したメタバース空間。

2022年9月23日(金)に開業する嬉野温泉駅と、同時開業する嬉野観光交流センターなどを再現した空間内を、アバターで自由に散策できます。

嬉野市に関する観光情報を収集したり、出展店舗にて名産品を購入したりすることも可能。

また、メタバース内に複数設置されているコインを入手すると、コイン数に応じてリアルの店舗で利用可能な特典を得られる「カプセルトイ」をゲットできます。

ユーザー同士がチャットで交流できる

デジタルモール嬉野へは、専門機器ではなく、PCやスマートフォンなどのデバイスでどこからでもアクセスすることが可能。

同じ空間に30名まで(同時接続で200名以上)参加できるほか、同じ空間内の利用者同士でチャットで会話を楽しめるため、誰かと一緒に観光している気分を味わえるでしょう。

メタバース観光だけでなく、嬉野市のコンテンツを活かしたオンライン配信やライブコマースなどのイベントに参加するといった利用方法もあるようです。

「デジタルモール嬉野」に行ってみた

実際にデジタルモール嬉野へアクセスしてみると、嬉野温泉駅をはじめ、リアルの嬉野市では見られないデジタルな景色が広がっていました。

空間内の建物に入ると嬉野市の特産品の1つ「うれしの茶」や、約400年の歴史を誇る肥前吉田焼など、嬉野市にまつわる情報が表示されています。該当のボタンをタップすると、外部サイトを閲覧することが可能です。

また、嬉野市の温泉街エリアを散歩できる「バーチャル嬉野散歩」では、360度カメラで撮影された実写の街並みを、アバターで回遊できます。

自宅で観光気分を味わいたい人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
デジタルモール嬉野

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧