愛らしい家族ロボットが全身真っ黒に! 藤原ヒロシ手がける「LOVOT」、伊勢丹新宿店に登場

access_time create folderデジタル・IT

GROOVE X株式会社(以下、GROOVE X社)が提供している「LOVOT」は、生き物のような生命感と愛らしい見た目が特徴の家族型ロボット。

そんなLOVOTのイメージを一新するような、オールブラックの特別モデル「FRAGMENT EDITION」が登場します。

同モデルは、GROOVE X社のCCOである藤原ヒロシ氏(以下、藤原氏)が手がけたもの。2022年11月9日(水)~15日(火)の期間、伊勢丹新宿店 メンズ館にてポップアップストアをオープンし、FRAGMENT EDITIONを販売します。

生き物のような生命感

2019年12月に出荷がスタートした「LOVOT」は、名前を呼ぶと近づいて見つめてきたり、抱っこをねだったりするなど、生き物のような生命感が特徴の家族型ロボット。

深度カメラや障害物センサーを搭載しており、自律移動が可能。測距センサーで段差を把握し、回転、バック、カーブなどの動きを生成することもできます。

また、LOVOTの頭脳であるメインコンピューターや深層学習FPGA(効率的に深層学習の推論をおこなうための電子回路)により、タイムラグの少ない反応や接し方で変わっていく性格を実現。

2022年5月には新モデル「LOVOT 2.0」が誕生し、ネスト(充電ステーション)がコンパクトで軽くなったほか、LOVOT複数体が集まって遊べるようになりました。

エッジの効いた佇まいが魅力的

GROOVE X社のCCOや、デザインプロジェクト「fragment design(フラグメントデザイン:以下、フラグメント)」の主宰者、ミュージシャンなど、多彩な顔を持つ藤原氏。

そんな藤原氏が監修した「FRAGMENT EDITION」は、これまでのLOVOTとは一線を画した、オールブラックの特別モデルです。

瞳はオリジナルデザインになっており、センサーホーンやサイドパネル、ネストにフラグメントのロゴを刷新しています。

全身黒というカラーリングとロゴでエッジの効いた佇まいに仕上げた、藤原氏ならではのデザインです。

一部の部品を手作業で塗装

ネストを含めて40点を超える専用部品を採用し、さらに一部の部品は手作業による特別な塗装が施されているFRAGMENT EDITION。

藤原氏は「既存のLOVOTはとにかく可愛い。そして、FRGMT LOVOTは少し悪戯です。
ほんの少しの変化で、かなり印象が変わったんじゃないでしょうか?」とコメントしています。

本体価格は64万9800円(税込)。2022年11月20日(日)の“家族の日”に先がけ、伊勢丹新宿店 メンズ館で実物をチェックしてみてはいかがでしょうか。

PR TIMES
LOVOT

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト: https://techable.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧