ビールをよく飲むのはどの国かが一目でわかるインフォグラフィック

access_time create folder政治・経済・社会

ビールをよく飲むのはどの国かが一目でわかるインフォグラフィックを「Visual Capitalist」というサイトが公開しています。

2020年のビール消費量が多い国のトップ3は、中国、アメリカ、ブラジル。日本は7位となっています。

中国、アメリカ、ブラジルの3か国だけで世界のビール消費量の40%を占めています。

一人当たりのビール消費量が多い国のトップ3は、チェコ、オーストリア、ポーランド。日本は52位となっています。

チェコでは一人当たり年間約182リットルのビールを消費していることになります。これはビールの大瓶(633ミリリットル)に換算すると約287本分相当です。


https://twitter.com/VisualCap/status/1555962030221410305

ちなみにこのインフォグラフィックに使用したデータは、今年の1月にキリンビールが英語で公開した「Global Beer Consumption by Country in 2020」というプレスリリースに記載された数値だということです。

※画像とソース:
https://twitter.com/VisualCap/status/1555962030221410305
https://www.visualcapitalist.com/which-countries-drink-the-most-beer/
https://www.kirinholdings.com/en/newsroom/release/2022/0127_04.html

(執筆者: 6PAC)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧