トロトロの牛タンが激ウマな駅前焼肉『金剛苑』で牛タン5人前オーダーした結果

access_time create folderグルメ

焼肉って「焼肉を焼く」って言うけど、焼いてからが焼肉であって、焼く前は肉だよな。そう考えれば「焼肉を焼く」ってなんだ。すでに焼いてある肉を改めて焼いているのかな。いやいや、いつも生肉を焼いて食べているよな。だったら「焼肉を焼く」じゃなくて「肉を焼く」だよな。

サッと入って極上の焼肉が食べられる店

そんなことはどうでもいいが、気前にサッと葉入れて極上の焼肉が楽しめる焼肉屋、あると嬉しいよな。予約必須だの、数か月待ちだの、希少部位だの、いろいろ付加価値がついてる焼肉屋もいいけれど、サッと入って極上の焼肉が食べられる店って、減りつつある気がするよ。

最初から牛タンを5人前オーダー

でも、JR巣鴨駅前の『金剛苑』(東京都豊島区巣鴨2-1-1)は間違いないね。間違いないから、間違いないってもう一度言う。間違いない。何が間違いないか? 上タン塩(2400円)だよ。これを1~2人で5人前食う。ガッツリ、最初から5人前オーダー。するとやってくる、大皿に盛られた大量の牛タン。

箸でつまむとズッシリ感あり

この牛タン、凍ってない。トロトロで、ツルツルで、弾力ある良き牛タン。箸でつまむとズッシリ感あり。厚切りだし、大きくカットされているから、まさに横綱級のダイナミック重量。それをしっかり、じっくり、網で焼く。

旨味濃度がバツグンに濃い

ライスはいらない。とことん、牛タンを堪能。食べると広がる旨味。しかも旨味濃度がバツグンに濃い。濃すぎる。レモン汁と塩でバッチリ最高。飛ぶぞ! ここまで上質な牛タンが駅前で食べられるとは、令和時代も捨てたもんじゃアアアアアないのう。

店名: 金剛苑
住所: 東京都豊島区巣鴨2-1-1

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧