引き取った女の子に回転寿司を教わって…… 仕事のデキるお姉さんのポンコツな一面が見えるマンガが愛おしい日常だった

access_time create folderエンタメ

天真爛漫な桜を中心に、月華と千春、彩綾といった少し変わっていて、でもかっこいい女子たちが織りなす日常を描き続けていて、静かに支持が広がっているつるせさん(@tsuruse852)のマンガ『#桜の世界』。今回は、仕事のデキる完璧女子な千春と桜が回転寿司に行く話と、桜と月華、千春がゲームをする回を紹介します。

「桜、お寿司大好き! 桜にお寿司を食べさせてくれてありがとう!」と言われて、「お礼なんていいのよ〜。桜ちゃんの行きたい場所ならどこでも連れて行ってあげる」という千春。桜と月華をなんやかんだあって引き取ることになったということもあり、甘々です。

「千春さんも早く食べて!おいしいよ!」と言われますが、「食べたいけど…、…わからないのよ、蓋の取り方が」という千春。「それにさっきから変なものばっかり流れてくるし…。普通のお寿司はもう来ないのかしら?」との言葉に、桜は「…千春さん、回転寿司来たことないの?」「ないけど…、そんなにおかしい?」「…ううん。おかしくないから大丈夫だよ! 桜も最初は蓋には戸惑ったよ!」と言います。

「蓋は持ち上げて勝手に取っていいんだよ。食べたいお寿司はタッチパネルで頼むの! ちょっと待っててね! 桜がやってあげるから!」と一生懸命教える桜。「頼んだお寿司は上の道路で来るよ」「上は道路はスピードが速いのね〜」と話しつつトロが到着。「食べ終わった皿はここに入れるの。5枚入れたらゲームが始まるよ!」という桜に、千春は「桜ちゃんはこのお店のこと詳しいのね」と何気なく褒めます。「…桜、役に立ってる?」「ええ、とっても」と言われて嬉しそうな桜。「えへへ、千春さんはいつも本当のお母さんみたいに頼もしくて頭も良くて…、桜のが詳しいことってあんまりないから、ちょっと嬉しい」と笑います。

「そうね…、確かに私は頭脳明晰、才色兼備で非の打ち所がない…。でも桜ちゃんだっていろんなことを知ってるじゃない」と千春。「うさぎの種類とか、綺麗なお花が咲いてる場所とか、美味しいお菓子が売ってるお店とか、楽しい遊びとかね。本当に人生を豊かにするのは、崇高な学問より意外とそういう知識の方だったりするのよ」と語ります。「私が若い頃に桜ちゃんみたいなお友達がいたら、もっと早くそのことに気付けたのかしら。まぁ、そんなのは机上の空論ね」と話したその時、「あ、見て桜ちゃん。当たりって書いてるけど何が当たったの?」とタブレットを指すと……。

カプセルを取って開けた桜。「お寿司のストラップ当たった!」「あら、可愛い。よかったわね」という千春に、何か思うところがあったのか、「あげる。桜はずっと千春さんのお友達だから、その印に…」と渡します。千春は「…友情の証なら私だけ持つよりお揃いの方がよくない?」といい、「…でも一つしかないよ?」「たくさん食べてもう一度当てればいいのよ。私の財力とあなたの食欲を合わせたら最強でしょ?」「…そっか! やっぱり千春さん頭いい」と桜が元気に両手を挙げるのでした。

「あら、今日は2人とも事務所に来てたのね。何してるの?」という千春に「車のゲーム! 桜は弱いから負けてばっかりだけどね」という桜。「勝ち負けがあるのね」「敵の攻撃を避けながら順位を競うんだよ! 千春さんもやってみる?」と誘うと、「いや…初心者がいきなりオンラインで対戦なんて無理でしょ」という月華の言葉にスイッチが入った千春。「…その機械、寄越しなさい。私にできないことなんて一つもないわ」と豪語して、「この中で唯一の免許保持者を舐めたこと、あとで後悔しなさいよ」と本気モード。「精一杯頑張ってください」という月華をよそに「さぁ、華麗なるスタートよ!」とゲームをはじめますが……。

「逆走してるよ!」という桜に、「ははは!」と大爆笑の月華。「こんな大胆な道路交通法違反は初めて見ましたよ」「月華! 変なこと言ってないで早く操作方法教えてあげて! 怪しい行動すると通報されてインターネットで遊べなくなっちゃうんだよ?!」「免停っ…!」「笑い事じゃないよ! 桜のアカウントなんだから!」「いやいや近年稀に見る笑い事よ、これは」と怒る桜に笑いが止まらない月華。「ほら、前に進むボタンはこっちですよ」とコントローラーに手を重ねますが、「教えてくれなくて結構よ! もう同じ轍は踏まないわ…」と強情な千春。しかし、「千春さん! 今後は柵に突っ込んでるよ!」「ははは!」とまたも笑われる事態に……。

「何なのよ! この美しい私が操作してるのにさっきから変な動きばっかり…! 機械がおかしいんじゃないの?!」と憤る千春に、「残念ながら正常ですよ。あなたの美貌と同じくらいね」と混ぜっ返す月華。そうこうするうちに、桜が「あ、千春さん! 前の車、爆弾持ってるから気をつけて!」と画面を指し、「はぁ…?! 爆弾?!」となった千春に、「落ちてる爆弾を拾えば攻撃に使えますよ」と教える月華。「道路交通法はどこに行ったのよ!」「この世界では法も秩序も息をしてないんですよ」「さっきと言ってることが違うじゃない! ていうかこれ今から1位なんて目指せるの?」「もう1位になるのは無理そうなので、せめてゴールすることを目標にしましょう」「フレー!フレー!千春さん!頑張って走り切ろう!」「周回遅れでも走り切ることに意味があるんですよ!」という二人に、「……その応援…」となった千春は……。 

「…やめて!すごく惨めな気持ちになるの…!」とすっかり涙目。「過去に何があったんですか?」というツッコミをスルーして「応援なんかされなくたってちゃんと走るわよ!」と強がりますが、「…あら? 急にボタン押しても反応しなくなったけど」となり、「あ…。そういえば最下位が確定した時点で自動的に終わるシステムでした」と無常にも言われて、「馬鹿馬鹿しい! やってられないわ!」と憤ります。そこに桜が「でも最後まで頑張ったね!桜が努力賞あげるよ!」と背中から抱きつかれて、「それはどうもありがとう…」と複雑な表情。「…で、負けたらどうなるのよ…。いくら払えばいいの?」と聞かれて、月華は「賭けてないですよ」とあきれ顔。そんな中、「次、桜の番!」と元気な声が響くのでした。

『#桜の世界』について、「小さい頃から頭の中でキャラや設定を作るのが好きで、このシリーズに出てくる桜ちゃん達は私の中で特に気に入っていて大好きな人物でした。そんなキャラクターが、本当に生きているような日常を描いたら面白いんじゃないかなと思ったのがきっかけです」というつるせさん。「本物の愛のある幸せな世界をというのを私自身が見てみたかったのでこういう作風になりました。百合っぽい雰囲気ですが、恋愛に関係ない話も普通に作ったりします。タイトル通り、桜ちゃん達の生きる世界をそのまま切り取ったような作品が描きたいと思っています」と語ります。

それぞれに対して根強いファンがいる印象のこの作品ですが、「本当にありがたいという一言に尽きます。このシリーズの読者さんは心からキャラクターを愛してくれているのが伝わります。話の細かいところまで考察してくれたり、気持ちのこもった感想文が届くことが多いので、それが何より嬉しいです」というつるせさんですが、特に桜について「かわいい」といった感想が多数寄せられることについて、「子どもの成長を見守るような感覚で皆さんが見てくれているような気がします(笑)」と話してくれました。

「これからもこういった漫画をTwitterにあげていく予定なので、桜ちゃん達の日常をたまに覗きに来てくれると嬉しいです」というつるせさん。中には「ここでしか得られない栄養分がある」と評する人もいるので、ほんわかした女子たちの日常を読みたいという人はチェックしておきたいところです。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/tsuruse852 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://note.com/parsleymood

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧