ご主人さまに褒められたい!? 家事を頑張りつつ幼児番組に夢中になる異世界少女のマンガに「可愛すぎる」の声

access_time create folderエンタメ

『マガポケ』(講談社)連載中の青目槙斗さん(@aome_makito)のマンガ『君じゃなきゃダメな奴隷少女』。医者を目指している高校生・高崎大斗ともとに、ある日突然異世界から奴隷少女のベルナがやってきて、常識の違いに戸惑いつつ同棲生活を送るというストーリーが繰り広げられていますが、青目さんが第17話「マリーさまこんにちは」の冒頭を「主人がいない間家事を頑張る女の子」としてTwitterで公開。ベルナの魅力が凝縮されたエピソードで「可愛すぎる」という声が寄せられています。

「えっと、ベルナ…。今日からまた5日間学校なんだ」という大斗。「夕方には帰るから、それまで一人で大丈夫か?」と言われて一瞬寂しげな表情をしますが、何やら決意したように頷きます。「そっか…。じゃあ任せたぞ。行ってきます」という大斗を見送った後、バッと部屋に戻り……。

テキパキと片付けをするベルナ。真剣な顔をしてますが、内心ではご主人さまに「家事ぜんぶできてえらい」と頭を撫でられることを想像してます。ですが、うっかりテレビのリモコンを踏んでしまうと、「『ママといっしょ』のじかんだよ〜」と子ども向け番組が付いて、「ねえマリーさま、今日はなにする〜」というのに「??」となって、手を止めて画面に見入ってしまうことに。

「はーい、洋子おねえさんと、マリーさまのコーナーだよ!」というのに釘付けになるベルナ。番組に夢中になり、「じゃあ今からみんなでおどるよ〜。TVの前のみんなもできるかな〜」とお姉さんが言うのに、ゴクッとなって……。

マリーさまの動きに合わせて、両腕を上に伸ばしたり、手を横に振ったり、曲に合わせて一生懸命に踊るベルナ。なんだか楽しそうです!

青目さんによると、「アイデアは完全に思いつきです」という『君じゃなきゃダメな奴隷少女』。「最初は奴隷の女の子がいきなり学校に転校してきて、クラスのみんなの前で主人公の奴隷だと名乗るシーンが頭に浮かびました」といい、読者からの反応について「ベルナのことを可愛いと言って頂けるのが一番ありがたいです」と話します。

単行本第1巻が2022年8月17日に刊行予定のこのマンガ。青目さんは「購入して頂けると、作品が続けられますので是非よろしくお願いします。『マガポケ』で連載しているので、アプリでも読んでください」とアピール。刊行に向けてTwitterでもさまざまな展開を考えているとのことなので、異世界から来た故にズレているけれど健気なベルナを応援したいという人は是非注目したいところです。

『君じゃなきゃダメな奴隷少女』(マガポケ)
https://pocket.shonenmagazine.com/episode/3269754496817495082 [リンク]

※画像はTwitterより
https://twitter.com/aome_makito [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://note.com/parsleymood

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧