天丼てんやの麺類、真夏に食べたら想像以上にウマい

access_time create folderグルメ

毎日のように行くわけではないけど、たまに無性に食べたくなるのが天丼専門チェーン店の「天丼てんや」。やっぱり揚げたての天ぷらはいつ何時食べてもウマいもの。天つゆをたっぷりかけたてんやの天丼は至高の美味しさですし、どんなに贅沢をしても天丼単品なら1000円を超えることがないという安心感も最高なのです。

最近は生活圏にてんやがなくなってしまっていて、すっかりご無沙汰になってしまっていたのですが、先日用事で出かけた街で久しぶりにてんやと遭遇。一仕事を終えたあとだったし、例によってジメッと蒸し暑いし、天ぷらで生ビールなんかクイッといっちゃったら最高でしょ!

すっかり一杯やっちゃう気分になってしまった僕はまずグラス生ビールを注文。230円と良心的な価格が嬉しい。あー、汗をかいた体にしみる! うまいっ!

フライング気味にビールを飲んじゃったけど、おつまみはもちろん天ぷらで決まり。何を頼んでもウマいのはわかってるし、適当な盛り合わせをオーダーするとして、天丼じゃないならセットに麺をつけるのもいいよなあ。うどんも蕎麦もうまそうだけど、やっぱり夏は蕎麦をざるかせいろで攻めるのが正論ってやつだ。

すると、ほどよく飲み進めたところで天ぷらと蕎麦のセットがお出まし。ああ、これはたまらん! よく考えたらてんやでは天丼ばかり食べてきたから、蕎麦もうどんも食べたことがなかったけど、やや平打で乱切りの麺がなんともうまそうじゃあないか!

真っ先に蕎麦からすすってみると、これがもうツルツルの喉越しが最高。いわゆる二八そばというやつなんでしょうけど、キンキンに冷たく麺を締めてくれているから歯ごたえも抜群だし、冷たい飲み物じゃないのに火照った体を冷やしてくれそうな感覚さえある。夏に食べるのに最高すぎる蕎麦!

量は一般的なサイズだったことも相まって、あっという間に完食。いやあ、ウマかった! まさかてんやの蕎麦がここまで高いポテンシャルを秘めていたとはノーチェックだったなあ。これはもしかして、うどんの方もひょっとするやつなんじゃないの……??

幸いにも夢中で蕎麦から食べちゃったこともあって、天ぷらはまだまだ余裕あり。なんだったら追加でうどんも頼んじゃうのもアリかも……!?

なんてことを思って再度メニューブックに目をやると、小サイズの麺も用意があるということを知って思わずガッツポーズ。すいませーん、追加で小うどんもお願いしまーす!!

すると間もなくして運ばれてきたのがこちらのうどん。麺は稲庭風の細いやつで、表面は見るからにツルンツルン。そのままつゆに浸してズルズルッとすすってみると、これまた驚きの美味しさ!

やはり麺は冷水でしっかりと締められていて、喉越しはツルツルのシッコシコ。それでいて麺にはもっちり弾力があって食べごたえも抜群。これ、蕎麦以上に好きかも……!!

もちろん天ぷらとビールの組み合わせは期待通りで大満足だったのですが、それ以上に麺類のポテンシャルの高さに驚かされちゃいました。きっと温かいにつゆに浸したうどんも蕎麦も美味しいんだろうけど、しっかり冷たい水で締めた麺は真夏に食べるのにこれ以上ない仕上がり。清涼感いっぱいの美味しさです。

まさかてんやでこんな麺に出会えるとは。もしかしたら真夏は天ぷらや天丼よりもうどんや蕎麦を主役と思って迎撃するのもアリかもしれない。うどんも蕎麦も単品でのオーダー(税込370円)も可能でしたし、いっそうどんや蕎麦だけ食べちゃってもいいかも! ごちそうさまでした~!

(執筆者: ノジーマ)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧