映画『人でなしの恋』出演の細田善彦 「新婚生活について、自分が何でも話せる相手と結婚したいなと思いました(笑)」

access_time create folder映画

谷崎潤一郎「鍵」、江戸川乱歩「人でなしの恋」を原案とした2本の長編映画が現在、池袋HUMAXシネマズにて公開中で、両作品は主人公が配偶者を奪われるという“NTR(寝取られ)”を共通点にしたストーリーが展開します。その後者、映画『人でなしの恋』に出演した細田善彦さんにインタビュー。新婚生活を送りながら妻・京子に激しく疑念を抱かれる男・門野を演じた細田さんに、本作にまつわるお話をうかがいました。

■公式サイト:https://bungou-ntr.com/ [リンク]

●元は有名な原作で、今回の映画では<予想できない結末のNTR(寝取られ)文芸エロス>と宣伝されてもいますが、物語の感想はいかがでしたか?

とても面白かったです。NTR(寝取られ)文芸エロスというテーマで脚本を読み進めて行くなかで、門野という人間は何を隠しているのだろうという、一読者としてかなり気になりながら読みました。

●役柄については、どう受け止めて演じたのですか?

自分のことを彼女に言えない男なので、そういうキャラクターだからこそ、彼女に対して基本的には嘘をついている人間だと思うんです。彼女を傷つけないためにも嘘をついていると思うのですが、彼女に対する根本的な気持ちは嘘ではないと理解しました。「今日は仕事が遅い」などと、細かい嘘を重ねてしまうんですね。

全体通して門野というキャラクターは、彼女を思うがために嘘ばっかりついている男、という理解で演じていました。

●彼の人間性と言いますか、想いについて共感はしますか?

僕自身も孤独を感じる瞬間はたくさんありますし、誰かと出会いたい気持ちももちろんあります。そういう意味では、ものすごく離れたキャラクターではないと思っています。

●実際、とても人間味あふれるキャラクターになっていましたよね。

そうですね。僕が一番大事にしようと思ったシーンは、兎丸さん演じる京子さんと初めて出会うカフェのシーンなのですが、そこが僕の登場シーンでもあり、そこは大事にしたいなとは思いました。

●監督はどうリクエストされたのですか?

キャラクター像のイメージとして、「はかなげな感じで」と言われました。はかなげとはどういうことだろうと思いましたが、それは意識していたことではあります。こうして僕が言う前に誰かが「門野、はかなげだったね」と言われることを目指して演じてはいましたね(笑)。

●京子役の兎丸さんとの共演はいかがでしたか?

距離が近いようで遠い存在の役だったので、お互いに濃いコミュニケーションを取ることを、避けていたように感じています。各々が、井上監督とキャラクターについて話をしていた印象ですかね。

●本作に出演されて、何が一番の学び・収穫でしたでしょうか?

新婚生活について、自分が何でも話せる相手と結婚したいなと思いました(笑)。僕自身もそうなのですが、最初は女性の前でカッコつけてしまう、普段の自分とは違う、背伸びした行動を取ってしまうことがある。それが後で「違う」みたいなことが過去にあり、そういう時は最初が肝心だなと思うこともあったのですが、今回の作品と出会い余計にそう思いました。自分のことを隠さないし、自分のことを何でも話したくなるような相手と出会って、結婚したほうが幸せだなと思いました。それが学びです。

●俳優として挑戦だったことは?

僕が演じた門野を通して物語が進むと思ったんですよ。主人公は京子ですが、彼女が門野を執拗に追いかけるからです。探偵を雇ってまで追い求めるストーリーで、ミステリアスな青年とも脚本に書いてありました。全編通してみんなが「門野は何者だ?」と興味を持ってくれないといけないわけで、それは俳優として大きな挑戦でした。

●そういう意味では達成されたのではないでしょうか?

門野が多角的に、見えるようになればいいなと思っていました。原作をご存知でない場合、いろいろな想像ができればと思い、演じていました。そういう風に見えていれば、よかったなと思います。

■ストーリー

失恋し落ち込んでいた京子はマッチングアプリで門野と出会い、お互い惹かれあって結婚する。

美青年で優しい門野との生活に幸せを感じる京子だったが、ほどなくして、夫が自分以外の誰かを愛しているのではと疑惑の念に駆られ、探偵の野村を雇い、必死に真相を追っていく。

しかし京子が門野の本当の姿を知ろうとすればする程、謎の中で彷徨っていく。そして真相に辿り着き、目の当たりにしたものは想像を超えた衝撃的な光景だった。

(C) 2022 BBB

(執筆者: ときたたかし)

access_time create folder映画
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧