初めてのメンズメイクに!下地から仕上げまで使える10アイテムが入った『THE N.B.P HOMME(エヌビーピオム)』をおためししてみた!

access_time create folder生活・趣味

 

メンズメイクデビューしたいけど、何を揃えればいいのか分からないとお困りの男性へ。『THE N.B.P HOMME(エヌビーピオム)』は、スマホより小さいケースに10種類のメイクツールが集約されたメンズ用メイクキット。日本人男性に合いやすい色味を集めているから初めての人にもぴったりだ。その使い心地をおためししてみよう。

 

ポケットにも入れられるサイズ感! ベースメイクから仕上げまでこれ1つでOK!

『THE N.B.P HOMME』(10種類・希望小売価格 税込8,910円・2022年5月16日発売)は、メンズメイクをもっと簡単に、お手軽に使えるようにしたいという思いのもと発売された、美容商品の卸・小売からサロン開業支援まで幅広く行うシンビシン(大阪府)のメイクアイテム。

韓国ブランド「THE N.B.P」を日本人男性向けに色味を揃えた男性用オールインワンメイクキットで、これひとつで日常的なグルーミングに必要なベースメイクからポイントメイク、ヘアメイクまでカバーできる。

最大の特徴は、これらメイクに使える10のアイテムが、約 直径30mm×縦90mmの中に収まっていること。スティック状で収納しやすく持ち運びもしやすいから、外でも気軽にメイク直しが可能だ。集約された10のアイテムは次の通り。

 

・ファンデーション

・プライマー

・フェイスパウダー

・リップバーム

・リップブラシ

・アイシャドウ2種

・ヘアシャドウ

・アイブロウペンシル

・デュアルブラシ

・ミラー

 

『THE N.B.P HOMME』をおためししてみた

さっそく使い心地をたしかめてみよう。今回は、メイクでよく使う3アイテム、プライマー・ファンデーション・アイブロウペンシル(デュアルブラシ)をおためししてみた。

プライマーは無色透明

フタを外して本体を回してプライマーを選択。ブラシや指で、毛穴などの気になる場所に円を描くようになじませる。

円を描くように指でなじませていく

テクスチャはクリームのようなやわらかさと伸び。少量でもかなりの範囲をカバーできた。

続いてはファンデーション。たっぷりと量が用意されているのがうれしい。指で適量をとり、肌のキメに沿って伸ばしていく。軽くたたいて馴染ませれば完成。こちらもクリームのようなテクスチャと伸びで思うように広げられる。

色はナチュラルベージュ。色白な人にはごく自然な色合いで、少し黒めの人にはワントーンアップくらいの使いやすさ。コンシーラほどではないが、赤みや青髭の印象を和らげてくれるカバー力も実感できた。

続いては眉メイク。中フタを外し、アイブロウペンシルを取り出す。

細めの3mm軸だから、1本1本の毛を表現するように描きやすい。芯は少し硬め。色はブラウンなので、黒髪や茶髪になじみやすい。

後は好みのメイクとなるように、アイシャドウやヘアシャドウ、リップバームで気になる部分をカバーすれば完成だ。

メイク前(プライマーのみ使用)

メイク後(プライマー・ファンデーション・アイブロウペンシル)。肌がなめらかに、髭も目立ちにくくなった

ガッツリメイクというよりは、よりナチュラルに気になる部分をカバーできるようなラインナップ。これならメイクデビューにも使いやすそうだ。まずは『THE N.B.P HOMME』を使いこなし、こだわりが出てきたら、色や肌にあった追加の化粧品を探してみるという流れがおすすめ。

メンズメイクでビューティーライフを楽しんでみてほしい。YAHOO!ショッピングで販売中。

関連記事リンク(外部サイト)

『メリットPYUAN』が5人のクリエーターとコラボして全面リニューアル! 女性のなりたい気分を表現した香りにうっとり
17種の植物性成分配合で洗いあがりしっとり!『世田谷コスメ クリアクレンジング』でメイクオフしてみた
毎日使うからこそ、本物の優しさを。手作り石鹸『ラベンダーハニー』でナチュラルメイクを優しくオフ!
塗って寝るだけお肌がピンッ! ラ・シンシア『ナイトエッセンスパック』は忙しい現代女性の味方!まるで夢の中でエステサロン
べたつかない整髪料『あんず油 スタイリングと保湿のクリームバーム』で髪も手肌もしっとり仕上げ! 

access_time create folder生活・趣味

おためし新商品ナビ

お店に並ぶ新商品を実際に買って、使って、食べて、記事にしています。写真はプロカメラマンが撮影! 楽しいお買い物のナビゲーターとしてご活用ください!

ウェブサイト: http://www.shin-shouhin.com/

TwitterID: Shin_Shouhin_

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧