シャア専用マクドナルドを発売前に食べる方法『ニュータイプ 白いトリチ』

access_time create folderグルメ

マクドナルドがシャア専用マクドナルドと題して、シャア・アズナブルもしくはクワトロ・バジーナ、またはキャスバル・レム・ダイクンをモチーフ、インスパイア、リスペクト、オマージュしたフードメニューを発売すると発表した。あれはいいものだ。どれもおいしそうである。

『ニュータイプ白いトリチ』を発売前に食べる方法

それらのシャア専用マクドナルドのフードメニューは2022年6月22日(水曜日)から食べることが可能だが、実は発売日よりも前に食べる方法がある。たとえば『ニュータイプ白いトリチ』(税込440円)は、いまマクドナルドに行けば、同等のものをすぐに食べられる裏技がある。

『ニュータイプ白いトリチ』とほぼ同じものが作れる

ソースなしの『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』(税込490円)を3つ購入し、ホワイトチェダーチーズを3枚取り出す。さらに『ハンバーガー』(税込130円)を3つ購入し、ビーフパティを3枚取り出す。

ハンバーガーのバンズでホワイトチェダーチーズ3枚とビーフパティ3枚を交互にサンドすれば、『ニュータイプ白いトリチ』が完成する。

『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』はそのまま食べても美味だが

『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』は安いバーガーではないし、そのまま食べてもおいしい。だからチーズを抜いたり、ソースなしでオーダーすることがもったいないと感じる人もいるだろう。その気持ち、理解できる。だが仕方ないのだ。『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』はいいバーガーであったが、『ニュータイプ白いトリチ』の発売日がいけないのだよ。

とことんチーズが濃くて最高

自作した『ニュータイプ白いトリチ』の味、うまい、うますぎる。チーズが濃い。とことん濃い。この味、皆にも体験してもらいたい。食べたいなら同志になれ! そうすればララァも喜ぶ!

ソースなしのオーダーは絶対

「おいしいけど味が醤油っぽい」って? 坊やだからさ。ソースなしの『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』をオーダーしていなかったのではないだろうか。チーズにソースが付着しないようにするため、ソースなしのオーダーは絶対だ。

自作すると合計1860円

『ニュータイプ白いトリチ』の定価は440円だが、自作すると合計1860円かかる。認めたくないものだな、自分自身の若さゆえの過ちというものを。だがそれでもいいと思える気持ち。これが若さか……。

発売前にシャア専用マクドナルドを食べたいよな

具を抜いたて余った『炙り醤油風 ベーコントマト肉厚ビーフ』と『ハンバーガー』は無駄にせず、しっかり食べよう。どうしてそこまでして発売前にシャア専用マクドナルドを食べたいのか? 他に食べる方法を知らんからさ。だから未だに嫁さんも貰えん。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧