気兼ねなくイチャイチャしたい!? 元先輩の奥さんに「在宅シンドイ」と言われた夫とその息子が悩むマンガが悶絶モノ

access_time create folderエンタメ

女性誌編集部のエース編集者の先輩・白浜さんと結婚した清水くんの日々を描いた『僕の奥さんはちょっと怖い』(コミックDAYS)と、ふたりの息子の廉とクラスメイトの美波小春との恋が甘酸っぱい『外面男子の清水くん』(LINEマンガ/feel web)。作者の栗田あぐり先生(@kurita_aguri)がTwitterに「在宅シンドイ」「ある意味シンドイ」として清水家のテレワーク事情を公開しており、「尊すぎる」といった反応が寄せられています。

「在宅で仕事?貴方一日中家に居るの?はー…、シンドイ」と頭を抱える奥さんにショックを受ける清水くん。「只でさえ大変な家事増えるもんな…」と思い、「あ…あの、せめて昼は仕事しながら適当に食べるので…」と言いますが、「はぁ!?昼もゆっくり食べれないの?」「たた食べれます」と後輩だった時のクセが抜けず……。確かにちょっと怖いですが……。

プイっとしながら「貴方が一日中家に居るのにべたべた出来ないのシンドイのよ。昼くらい私との時間にしてよ」と顔を赤くして言って、クッションで顔を隠す奥さん。怖いくらい素直でかわいいセリフ言われたら、思わず抱きしめたくなりますよね!

そんな両親を見つつ、「クッソ〜在宅ワークの合間にイチャつきやがって、俺だって美波さんに会いたいのに」と内心でほぞを噛んでいる廉くん。「せめて顔だけでも見たいっ、でも全然繋がらねぇぇ」とタブレットがぐるぐる。「付き合いたてなのにクソ回線め」となっているところに、「そろそろ仕事始めるから」「分かったわ、邪魔しないようにする」と両親。それを見て……。

「俺も美波さんと結婚すればいいのか」と気付いてしまう廉くん。「付き合うだけじゃ駄目なんだ…。手に入れたことにならない。恋人関係で幸せを噛み締めていた俺は甘すぎるんだ。だから回線なんかに邪魔される」と美波さんのウェディング姿を妄想して、「結婚だ!!」と悪い顔で決意します。

「コロナ禍で在宅ワークが増えた時に思いついた」エピソードだというこのマンガ。栗田先生にオンとオフの切り替えをどうされているのか尋ねてみたところ、「オンでマンガを描き、オフでマンガを読んでいるのできりかえられているのか謎ですが、気分転換と勉強が両方出来てお得!と思っています」とのお答え。「癒しアイテムは読者様からのお手紙やイラストです」といいます。

2022年4月13日に『僕の奥さんはちょっと怖い』3巻、5月7日に『外面男子の清水くん』2巻が刊行となり、今後の展開が気になるところ。栗田先生によると「『外面男子の清水くん』は、3巻で高校生編を描き切るつもりです。『僕の奥さんはちょっと怖い』は、奥さんの新たな挑戦と、相変わらずの夫婦イチャイチャが4巻でもあるかと! 夏頃に出る予定です」と明かします。親子二代に渡る甘いストーリーのこれからにも要注目です。

※画像はTwitterより
https://twitter.com/kurita_aguri [リンク]

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://note.com/parsleymood

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧