クラウドゲーミングとモバイルゲームに特化したRyzen搭載デスクトップPC「MAG Trident S 5M」 MSIがCOMPUTEX 2022に出展

access_time create folderデジタル・IT

エムエスアイコンピュータージャパンは、5月24日からオンラインとオフラインで開催中の展示会「COMPUTEX 2022」のMSIの出展内容を発表しました。この中で、リビングに置いてゲーム機のように利用できる「クラウドゲーミングデスクトップ」と呼ぶデスクトップPC「MAG Trident S 5M」をお披露目していたので、オンライン会場からチェックしてみました。

最上位モデルで8コアのAMD Ryzen 7 5700Gプロセッサーを搭載するWindows PCで、Android OSをエミュレートする「MSI APP Player」を搭載。プリインストールされた「Game Stadium」アプリのインタフェースから、Android用のモバイルゲーム、Steam、マイクロソフトのサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」といった複数のプラットフォームのゲームを起動してプレイできるのが特徴です。Xbox Game Passアプリからは、クラウドゲーミングサービス「Xbox Cloud Gaming」が利用可能。

ゲームコントローラーとディスプレイを接続して、モバイルゲームをコンソールゲーム感覚で遊ぶことができます。最大3台のディスプレイを接続可能。複数のインスタンスを同時に起動して、1画面で複数のモバイルゲームをプレイすることもできるとのこと。

AMD FidelityFX Super Resolution技術に対応。最大2.4倍までフレームレートを向上します。本体にはマザーボードを引き出せるスロットがあり、CPUやRAM、2台のSSDやHDDを簡単に換装できる拡張性を持っています。

本体のインタフェースは、前面にUSB 3.2 Gen 2 Type-A、USB 3.2 Type-C、オーディオコンボジャック、マイク入力を搭載。背面にはDC入力、HDMI 2.0、DisplayPort 1.4、VGA、LANポート、USB 3.2 Gen 2 Tpe-A、USB 2.0 Type-Aを搭載します。

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧