菅田将輝がガチ推しする激ウマな吉野家の牛丼の食べ方

access_time create folderグルメ

俳優として絶大な支持を得ている菅田将輝さん(29歳)がガチ推ししている、吉野家の牛丼の食べ方があります。この食べ方、菅田将輝さんがこよなく愛する食べ方らしく、事実、多くの人たちが絶賛しています。

お好みで味噌汁をオーダーしても良き

菅田将輝さん流の吉野家に牛丼の食べ方はシンプルです。牛丼の並、ネギ玉子、キムチをオーダー。牛丼にネギとキムチを盛り、セパレーターで卵黄と白身を分けて卵黄だけを牛丼に乗せます。これが菅田将輝さん流の吉野家の牛丼の食べ方です。お好みで味噌汁をオーダーしても良き。余った白身は味噌汁に入れても美味。

<菅田将輝さん流の吉野家の牛丼の食べ方>
1. 牛丼並、ネギ玉子、キムチをオーダー
2. 牛丼にネギとキチムのせる
3. 牛丼に卵黄をのせる → 完成!

ネギの爽やかさが後味を「尾を引く清涼感」として昇華

菅田将輝さん流の吉野家の牛丼の食べ方、かなりウマイですよ! キムチのスパイス感とシャキシャキ食感を卵黄が優しく包み、強いコクを生みます。しかし単なるマッタリ感とコクで終わらせず、ネギの爽やかさが後味を「尾を引く清涼感」として昇華してくれます。

ネギとキムチと牛肉を混ぜずに食べても良い

具を混ぜて食べても良いですし、ネギとキムチと牛肉を混ぜずに食べても良いですし、食べ方は自由。最終的に卵黄がそれぞれの旨味をニュートラルにしてくれるのが素晴らしく良いと感じました。菅田将輝さん流の吉野家の牛丼の食べ方、良きです! うまい

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧