「名乗るほどの者ではない」と去ろうとするも…… 女児を助けた新日本プロレスのグレート・O・カーン選手に警察が感謝状授与

access_time create folderエンタメ

新日本プロレスの『UNITED EMPIRE』でリングの支配を目論むグレート・O・カーン選手が、2022年3月29日夜に東急東横線・目黒線武蔵小杉駅構内で泥酔した61歳の男性から迷惑行為を受けていた10歳の女児から助けを求められ、男性を取り押さえることで検挙に寄与したとして、神奈川県警中原警察署より感謝状が授与されました。

事件は、母親がトイレに行き、女児が一人で待っている時に発生。会食の帰りで「駅の店舗でスイーツを買って改札に入った」ところで事件に遭遇し、「最初は親子喧嘩だと思った」というオーカーン選手ですが、女児から「助けてください!」と声をかけられて、男性の手を払い片手で差してホールド。女児はトイレに逃げ、駅員が到着するまでの間、ポリシーを曲げて丁寧に男性と「話をして落ち着かせた」と話します。駅員や警察官が来た後も、女児に対して「怖かったな。パンケーキ食べるか?」と話しかけたといい、「この事件を少しでも忘れられるような会話に努めたつもりじゃ」といいます。

泥酔者を取り押さえたことについて、「もし暴れて殴ってくるようなことがあっても、例え凶器を持っていようが、余でなくても新日本プロレスのレスラーならば全員できる」と語ったオーカーン選手ですが、「幼子や母親、加害者の男性のケアまでできるのが、そこらへんの愚レスラーと違う所以じゃ」と誇ります。

去り際に母親から「お名前だけでも」と請われ、最初は「名乗るほどの者ではない」と貴種らしい奥ゆかしさで謝絶したというオーカーン選手ですが、その場にいた警察官から「名乗ったほうがいい」と促されて素性を明かし、「プロレスを見て、強い人間を目指して欲しい」と語ったといいます。

感謝状を大坪剛志中原署長より授与されたオーカーン選手は、「新日本プロレスには新日本プロレスのルールがあり、社会では社会のルールがある。余は自分の正義を貫いたまでじゃ」と語り、「余はたまたま一度きり平和を守ったが、警察の方々は毎日やられることだ。本来(感謝状を)もらうような大したことをしたつもりはない」とガラにもなく(?)謙遜しましたが、「良いことをすれば良いことが返ってくる、ということを知らしめたのは誇らしく思っておる」と懐の深いところを見せました。

2022年4月9日の両国国技館大会で、YOSHI-HASHI選手・後藤洋央紀選手が持つIWGPタッグベルトへ、ジェフ・コブ選手をパートナーに挑戦するオーカーン選手。「チャンピオンベルトよりも誇らしいもの(感謝状)を持っているが、(プロレスでも)宝物を手に入れようと思っておる」と意気込み、最後に「告知せい!余の命令である」と詰めかけた報道陣に要求するのを忘れませんでした。なお、前哨戦となる2022年4月4日後楽園大会は『ABEMA』『新日本プロレスワールド』で無料配信されます。

新日本プロレスワールド
https://njpwworld.com/ [リンク]

新日本プロレス「HYPER BATTLE’22」(ABEMA)
https://abema.tv/channels/fighting-sports/slots/9JEC9w5e3r4pV5 [リンク]

access_time create folderエンタメ

ふじいりょう

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: https://note.com/parsleymood

TwitterID: ryofujii_gn

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧