Netflixシリーズ「新聞記者」米倉涼子・綾野剛・横浜流星インタビュー「この人についていきたいと思わせてくれる」お気に入りのネトフリ作品も

access_time create folderエンタメ ガジェ通

世界最大級のオンラインエンターテインメントサービスを提供するNetflixが、制作会社スターサンズと共に企画製作するNetflixシリーズ「新聞記者」を全世界独占配信中です。

2019年6月に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画『新聞記者』。第43回アカデミー賞の最優秀作品賞を含む主要3部門を獲得したほか、多くの映画賞を受賞。本作は、さらにスケールアップし、全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語となっています。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役に綾野剛、そして新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役に横浜流星と、豪華キャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めます。

米倉涼子さん、綾野剛さん、横浜流星さんの3ショットインタビューをお届け。色々とお話を伺いました。

――本作を拝見しまして、ドラマになったことで、よりリアルで丁寧な人間描写が魅力的だなと思いました。皆さんがそれぞれの役柄を演じる際に、参考にしたこと、米倉さんでしたら新聞記者の方にお話を聞いたりすることはありましたか?

米倉:私は監督と一緒に実際に新聞社さんに伺って、記者の方にお話を聞きました。普段、どういう気持ちで記事を書いているのかといったことをお聞きしたり、実際の作業に関してなど、自分の目で見れたので良かったです。

横浜:僕は、普通の大学生という役柄であったので、割と素のままで演じられる役ではあったのですが、新聞配達の練習をしました。チラシをはさみこんでいくシーンもあったので、ひたすら練習していました。

綾野:村上さんに関しては、誰かを参考にしたりお話を聞いたりしたことはありません。作品の中で、一つの答えとして、キャラクターと向き合いました。

――人によって響くキャラクターや立場も違うと思いますし、そこが素敵な作品だなと思いました。皆さんが本作にどんな事を感じられたのかをお聞きしたいです。

米倉:登場人物それぞれが、どんな風に生きていって、どんな風に我慢して、どんな風に夢を見て一歩を踏み出すか、というのを描いた作品だと思います。みんな貫きたい信念があるけど、護らないといけないこともあって、それぞれの我慢がすれ違うこともある。誰だって何かしらを我慢して、社会は回っているんだな、ということを感じて。作品を見て、本気で泣いてしまったシーンもいくつかありました。

横浜:僕が演じた亮というキャラクターは最初、政治とか世の中の出来事に対して少し他人事で。僕も似ている部分がありました。亮は就活をしていく中で変わっていって、松田さんのいる東都新聞の最終面接で「あらゆる出来事に他人事でなく自分事として捉えられる記者になりたいです」と言います。そのセリフがすごく響いて、僕自身も自分事として捉えられる大人になりたいと感じましたし、考えるきっかけをいただきました。

役を生きた僕らでも、すごく気付かされることの多い、学びのある作品だと思います。たくさん迷い苦しんだとしても、ここだっていう時が訪れて一歩踏み出せたのなら、それまでの自分のことも全部愛せる、と本作を通じて気付かされました。

――皆さん初共演となりました、主演の米倉さんとご一緒されていかがでしたか?

綾野:周りが米倉さんに期待していることもちゃんと受け止めて、応えようとしてくれる姿がたまらなく魅力的だと感じました。今回、共演シーンはさほど多くなかったので、今後しっかりとご一緒出来たら嬉しいと思います。大先輩に失礼かもしれませんが、とてもチャーミングで可愛らしい方なんです。すごくフラットで柔軟で、人間力がズバ抜けていて、最強です。この作品でご一緒してから、米倉さんがバラエティーに出演していると、つい見ちゃいます。

米倉:あはは、ありがとう!

横浜:僕が米倉さんを見て、感じた気持ちと、ドラマの中の亮が松田さんに憧れる気持ちもリンクしていたというか、「この人についていきたい」と思わせてくれる方です。綾野さんと一緒になりますが、僕もそこまで一緒のシーンは多くなかったので、またぜひ共演させていただきたいです。

米倉:こうして2人に挟まれて言われると、ちょっと照れる部分もあるのですが嬉しいです。本作では、みなさんが日頃イメージしてくださる「元気で強くてパワフルな米倉涼子」を我慢した部分も多かったのですが、それもいい経験になりました。

――綾野さんは本作で大変な減量に挑まれましたね。米倉さん、横浜さんも近くで見ていて迫力を感じられたのではないでしょうか。

綾野:ホテルの一室で2人と話すシーンの撮影時、もう本当にエネルギーが残りちょっとで。ドアを開けて2人がいるのを見た瞬間、もう部屋を出ていきたくなってしまう、村上さん(役柄)も僕も一番マックスの緊張感だったと思います。

米倉:あのシーンが3人初めてそろったシーンだったから、すごく印象に残っていて。でも(綾野さんは)本当にギリギリだったと思うから、エネルギーを使わせない様に極力話しかけないようにしてました。そんな記憶があります。

横浜:とても緊張感のあるシーンですが、綾野さんが大変な減量で鬼気迫る空気をまとってくださっていたので、僕も亮(役柄)と同じ様に、色々な感情で綾野さんに、村上さんに向き合えたと思います。

――本作はNetflixだからこそ描けた本格ドラマだと思います。皆さんがご覧になって好きだったり、お気に入りのNetflix作品はありますか?

横浜:色々な作品を見ているのですが、最近だと『地獄が呼んでいる』が好きでした。

綾野:『脱出おひとり島』で初めて、リアリティ番組にふれました。最初、予告編を見て、この予告編は色々な物語的要素をそぎ落として作られているなと思って本編が気になったんです。

米倉:『愛の不時着』とか、大人気の韓国作品は一通り終わったので、『ペーパー・ハウス』を観て、今は新シリーズがはじまったばかりの『コブラ会』ですね。あと『浅草キッド』も素晴らしかったです。

綾野:『浅草キッド』の柳楽(優弥)君は本当にすごかったです。『地獄が呼んでいる』もそうですが、同時にもっと志を高めていきたいと思いました。

――皆さんのお気に入りをそれぞれお聞き出来て嬉しいです!今日はありがとうございました。

◆Netflixシリーズ「新聞記者」全世界配信中
https://www.netflix.com/title/81317111 [リンク]

【みなさんがオススメのNetflix作品】

◆浅草キッド
https://www.netflix.com/title/81317135 [リンク]

◆コブラ会
https://www.netflix.com/title/81002370 [リンク]

◆地獄が呼んでいる
https://www.netflix.com/title/81256675 [リンク]

◆脱出おひとり島
https://www.netflix.com/title/81436209 [リンク]

◆ペーパー・ハウス
https://www.netflix.com/title/80192098 [リンク]

撮影:オサダコウジ

access_time create folderエンタメ ガジェ通

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧