ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なんでもスピーカーにできるハンズフリーマイクスピーカー『OmniBeat』製品レビュー

dsc_9291

日本電話施設が発売したハンズフリースピーカー『OmniBeat』。「なんでもスピーカーに変えるスゴいガジェットらしい」と評判を聞きつけ、早速お借りしました。『OmniBeat』は、本体に取り付けられた超磁歪(ちょうじわい、磁気をかけると形状が変化する現象)素子が振動することにより、置いたモノをスピーカーに変えてしまう製品。本体は音を出さないのに、机やイスがスピーカーに早変わりします。

・Bluetooth機器のペアリング

dsc_9292

パソコン(PC)に接続する場合は、『OmniBeat』本体の電源ボタンを4秒以上押して、ペアリングモードに設定します。本体のLEDが緑と青で交互に光るようになったらペアリングモードに設定完了。PCのBluetoothを有効にして『OmniBeat』を検出し、ドライバをインストールすると使用できます。

Blutoothに対応していない、あるいは接続の相性が悪い場合は、BluetoothのUSBアダプタを利用して接続します。筆者は今回、コレガの『マイクロサイズ ブルートゥースUSBアダプタ』を利用しました。

・机が鳴った!

dsc_9294

Bluetooth接続が確立すると、PCから再生される音が『OmniBeat』経由で再生されます。まず机の上に置いて試してみたのですが、確かにスピーカーになりました。多少振動がありますが、気になる程度ではありません。

本体底面の超磁歪素子に触れると、かすかに振動しています。この振動が置いたものに伝わるのが不思議。いろいろなものに載せて試してみたくなります。

・ほかにどんなものが鳴る?
「ほかにどんなものが鳴る?」ということで、いろいろ試してみました。

机:振動する面積が大きいので、広く音が聞こえます。天板は木製のものがよいでしょう
イス:木製のものならOK。机と比べると面積が小さく、コンパクトな音の鳴りになります
窓ガラス:こちらも面積が大きくなるので、広く音が聞こえます。部屋の外に向けると近所迷惑になるので注意
アコースティックギター:ボディの裏側に当ててみると、試した中で一番キレイに聞こえました。ボディが振動し、内部で反響するためでしょう
頭:骨振動を利用して聞くことができます。頭の中で音が鳴っているような不思議な感覚

dsc_9297

・こんな用途に
スピーカーとしての機能を検証しましたが、『OmniBeat』はこんな用途に使うことができます。

携帯用スピーカーとして:
持ち運びに便利なので、PCや『iPod』などと一緒に持ち歩いて、外出先で音楽を楽しみたいときに重宝します。ホテルの部屋やキャンプなどで使うとよさそう。ビジネス用途でも、プレゼンの場でPCの音を聞かせたい場合に利用できます。

テレビのリモートスピーカーとして:
イヤホン端子に接続するBluetoothトランスミッタを使えば、テレビの音を手元だけで楽しむことができます。テレビから遠い場所だったり、周りの人に迷惑をかけないように自分の周りだけで音を出したい場合によいでしょう。Bluetooth対応の携帯電話では、ワンセグ放送を見るときに外部スピーカーとして使えます。

マイクスピーカーとして:
『Skype』やメッセンジャーを利用した音声会議に。会議室の机に置けば、席に着いた参加者の全員にクリアな音声が聞こえ、『OmniBeat』の内蔵マイクでこちら側の音声を相手に送れます。こちらと相手に1台ずつ用意すれば、複数対複数の音声会議も可能。また、Bluetooth対応の携帯電話と接続すれば、PCがない環境でも音声会議ができるようになります。

使用感
気軽にどんな場所でも音を出して楽しめるのが最大の魅力。ビジネスでもプライベートでもカバンに入れて持ち歩き、ノートPCや携帯電話、『iPod』や『iPhone』と組み合わせていろいろなシーンで利用できそうです。電話会議システムを使ったことがある方は、コンパクトでカンタンに音声会議ができることに驚くでしょう。デキるビジネスマン、あるいは感度の高いガジェッターを自負する方なら必携です。

『OmniBeat』仕様
サイズ:直径50mm、高さ78mm
重量:160g(電池を含む)
電源:単4電池×4本、専用ACアダプター(別売り)
動作時間:
連続音楽再生 約7時間
連続通話 約10時間
連続待ち受け 約68時間
通信方式:Bluetooth Ver. 2.1+EDR
対応プロファイル:A2DP(音楽再生用)、AVRCP、HFP(ハンズフリー通話)
スピーカー再生帯域:100Hz~20kHz
マイク集音範囲:1~3m
価格:オープン。想定小売価格は2万円(税込み)

■関連記事
青く光るスピーカー搭載USBキーボード『400-SKB005』製品レビュー
ホントに部屋のどこにいても聴こえる!ロジクール『360°サウンド』採用スピーカー製品レビュー
デスクからテイクオフ!飛行機型USBスピーカー『エアクラフトスピーカー』

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy