今年も伝説のすた丼屋が贈る肉の暴力!「極楽肉ニクにくツリー丼」を食べてきた! 12月1日から発売

access_time create folderグルメ

ニンニク醤油ダレをたっぷり使って焼き上げた豚肉を大盛りご飯にガツンとのせた「すた丼」で有名な「伝説のすた丼屋」。その年末の風物詩となった超デカ盛りメニュー「極楽 肉ニクにくツリーすた丼」が今年も12月1日から25日まで、1店舗1日29食限定で販売されます(一部店舗を除く)。

今回は特別にご招待いただき、発売前に試食をさせていただきました!

おっと、奥から店長がなにやら運んできてくれましたよ。なんだか随分と慎重に歩いている気がしますが……

ドオォォォォーーーーンッ!!! でけええええぇぇぇぇーーーーーーっっ!!!! なんだこれ、こりゃあ運ぶの大変だわ! っていうか、以前に食べたときと比べて格段にボリュームアップしている気がするんですが……!?

実際に「ツリーすた丼」はバージョンアップを繰り返していて、今年で実に3代目となるそう。アップデートによって肉量はかつてとは比べ物にならないほど増量。今回はすた丼の2倍量の肉とすたみな唐揚げ4個、120gのハンバーグ2枚が搭載され、総肉量はなんと660g!

さらに180gのキムチ、大量の青ネギ、チーズも並盛ごはんの上にこれでもかと盛り付けられ、ツリーの頂には星型にくり抜かれたにんじんが。まったく、なんと肉々しいクリスマスツリーなんでしょう……!

セットの味噌汁と生卵も含めると総重量は1.5kgを超えるのだとか。ヒエーッ!

目の前に着丼するともう笑っちゃうしかない破壊力。持ち上げたら筋トレになりそうなレベルです。食べる前から肉の暴力に完敗ですわ、完敗!!

しかも今回は比較用にすた丼並盛も用意してもらえたのですが、普段はボリューム満点に思えるすた丼がまるで赤子のように見えてきます。やっとのことでサイヤ人を倒したと思ったら、フリーザを飛び越えて魔人ブウが出てきちゃったかのようですよ。

食べる前から惨敗確定の負け戦ですが、それでもご招待いただいてしまったのですから食べなければなりません。

どこから手を付ければいいのかさえもわかりませんが、少しずつ食べ進めていくとひとつひとつのパーツはもちろんガツンと激ウマ。キムチやチーズと組み合わせながら食べることで味変もでき、ウマさに乗せられて割といいペースで食べ進められました。

特にジャンクフルでウマかったのはハンバーグ。なんと焼かずに揚げるというワイルドなのかヤケクソなのかわからない調理法により、中身はふわっとしているのに表面はカリッとしているという食感のコントラストを実現。これがクセになるウマさ! すた丼らしさを堪能できる夢のようなハンバーグですね。

しかし夢はいつかは覚めるもの。ウマさに乗せられて食べ進められるのも半分が精一杯でした。さすがに常人には多すぎる……!!

残念ながら僕はここでドロップアウトとなってしまいましたが、もちろん食べ物を粗末にしてはいけません。伝説のすた丼屋ではテイクアウト用の容器を10円で買うことができるので、余った分は持ち帰ることができます。これなら完食に自信がない方でも安心してチャレンジできますね!

ただし、本来伝説のすた丼屋のテイクアウトメニューでは生卵ではなく温泉卵を使用していて、生卵をかけた商品の持ち帰りには細心の注意が必要なようです。なるべく早めにお召し上がりいただくようお願いしますね。

あまりにもボリューム満点な3代目ツリー丼「極楽肉ニクにくツリー丼」。店内飲食時も家族や恋人、友人とシェアしながら食べるのもOKとのことなので、ぜひ年末は伝説のすた丼屋からの肉の贈り物を受け取ってみてはいかがでしょう。自宅や職場でみずから盛り付け体験もできる「すたみな極楽肉キット」も同時発売。販売価格はどちらも1690円です。

(執筆者: ノジーマ)

access_time create folderグルメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧