小説とコーヒーのマリアージュを楽しむ「珈琲文庫」が、私小説を新たに募集!

access_time create folder生活・趣味


コーヒーカップのスリーブに書かれた小説を読みながら、小説の内容にマッチしたコーヒーを楽しむ、新たなコーヒー・読書体験を届ける「珈琲文庫」では、11月下旬より私小説を新たに募集中。応募された私小説は次回開催の「珈琲文庫」にて販売、展開予定だ。

飲む文庫本がコンセプトのコーヒーブランド


「珈琲文庫」は、飲む文庫本をコンセプトにしたコーヒーブランド。


コーヒータイムを過ごすお供にスマートフォンの画面とにらめっこする人も増えてきた昨今、ほっと一息つけるのは画面越しの“映え”な世界観よりも、人間らしさを感じられる“人の薫り”ではないかと考え、コーヒーカップのスリーブに著者それぞれの私小説を添えた“飲む文庫本”を届けている。

好評に応え新たな私小説を募集


2021年6月の出店の際には、たくさんの人が小説とコーヒーを楽しみ、延長や再販、続編を望む声も多かったそう。そこで今回、次回の開催に向けて新たなテーマで新たな私小説の募集を開始した。

応募に際し、肩書や実績等は不問。テーマに沿った、人間らしさを感じられる“人の薫り”がする作品であれば、誰でも応募することができる。

12月30日(木)23:59まで応募受付中

応募は、12月30日(木)23:59までの期間、WEB上の応募フォームにて受付中。募集テーマは『恋/旅/家族/リモートワーク/新しい』で、本文量は320~400文字程度となっている。

その他の注意事項等については、応募フォームにて確認を。なお、次回の開催は2022年1月下旬~2月を予定している。


この機会に「珈琲文庫」へ、ほっこり、じんわり、クスッとできる私小説を応募してみては。

「珈琲文庫」応募フォーム:https://ekkyoinc.jp/coffeebunko/form/

access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信します。

ウェブサイト: http://straightpress.jp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧