あつ森で楽しむ紅葉のグラデーション!「伏見稲荷大社」の再現があまりにも美しすぎると話題に

access_time create folderエンタメ

少しずつ秋も深まり、紅葉が見頃の季節となってきました。紅葉の名所に行きたいけど、まだちょっと旅行に行くのは心配……という方は 、Nintendo Switchの大人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」で紅葉を楽しむというのもアリかもしれません。

先日の最終コンテンツ追加アップデートで家具などが大量に追加され、自由度が大幅アップしたあつ森ですが、追加要素をフル活用して京都の紅葉スポット「伏見稲荷大社」を再現した島がTwitterで注目を集めています。

その島をデザインし、Twitterに投稿されたのは納豆(@Natoo_nebaneba)さん。まずはその画像をご覧ください。

『伏見稲荷大社』を作りたかった(画像ver)

あつ森の世界では現実世界と連動し、この季節になると木々が少しずつ紅く染まり始めるのですが(北半球の島の場合)、紅葉のグラデーションと神社の和風デザインが見事にマッチ! まるで本物の紅葉の写真を眺めているかのような美しさです……!

さらに納豆さんは写真だけでなく動画でも島の様子を紹介。かなり細かい部分までしっかりと作り込まれていて、本当に伏見稲荷大社に参拝に行ったかのような臨場感があります。

こちらの投稿は11月20日現在で1万件を超えるリツイートと4.6万件を超えるいいねを集め、たくさんのリプライのコメントも寄せられていました。

・すごい、あの無人島がこんな素敵な風景を作り出すなんて 無限の可能性を見い出せました
・ほぼ伏見稲荷ですごすぎました、、、 下の所とかほんとにすごいです…
・伏見稲荷大社行ったことないけど、旅行した気分になった 全てが完璧すぎる!
・総額いくらかかったのかも気になる!笑
・修学旅行思い出してめっちゃ見入った…
・伏見稲荷大社写真はよく見させてもらうけど、実はいったことないから、これみて行きたい妄想膨らんだ!!
・鳥居のがところどころ開いてたり色が違ったりするのにこだわりを感じる
・所々、あ、あの場所だってわかる感じで再現されてるの感動しました。

あまりにも凄すぎて美しすぎる伏見稲荷大社の再現。制作された納豆さんに話を伺うと、アップデートで鳥居が追加されたことで神社の再現がしやすくなったそうなのですが、和風家具自体はまだ少なく、その中で再現しなければいけなかった点は苦労されたそうです。

また、室内で使うべき家具を屋外に置いてしまうとリアルさに欠けてしまうため、外用の家具だけを使って再現しているとのこと。そういったこだわりもまたリアルに感じさせる要素になっているのでしょう。

納豆さんの島「うつせみ島」は「夢番地」が公開されているので、実際に訪問することも可能です。あつ森をプレイされている方はぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。夢番地のコードは『DA 4687-2003-7348』となっています。

※画像提供:納豆(@Natoo_nebaneba)さん

(執筆者: ピータン)

access_time create folderエンタメ
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧