2021年ホラーのダークホース『マリグナント 狂暴な悪夢』 「不気味で独特、奇妙かつ素敵な“何か”で観客を驚かせる」

access_time create folder映画

『ソウ』『死霊館』のジェームズ・ワン監督が贈る完全オリジナルホラー『マリグナント 狂暴な悪夢』が11月12日よりいよいよ公開。大きなネタバレ要素があるために多くは明かせず、謎に包まれている本作だが、ワン監督の新たなコメントが解禁となった。

ホラーが豊作だった2021年。この秋だけでも、『ハロウィン KILLS』や『キャンディマン』、『アンテベラム』、ジェームズ・ワンが生んだ『ソウ』や『死霊館』も、新たな監督による新作が公開された。劇場通いに忙しいホラー映画ファンも多いと思うが、今年公開のホラー映画において、その怖さが未知数のいわばダークホース的存在『マリグナント 狂暴な悪夢』を見逃してはいけない。

シリーズとして長く愛されるホラー映画を数々作り上げてきたワン監督は、「『ソウ』のような血みどろで強烈な映画から、『インシディアス』や『死霊館』シリーズのような気味の悪い映画まで、私は“恐怖の異なる段階”を把握している」と自負。そして、「これらの恐怖のレベルを行き来させることはひとつの面白い要素となるが、肝心なのは、斬新かつ独自の方法でそれらを表現することだ。そしてそれこそが、本作で私が挑戦したことなんだ」と、今作で新たな恐怖の表現に挑戦したことを明かした。それは、「観る人になじみのある構成で安心感を与えたあと、不気味で独特で奇妙かつ素敵な何かで驚かせる

これまで手掛けたホラー映画のみならず、『ワイルド・スピードSKY MISSION』や『アクアマン』といったアクション映画での経験値をも詰め込み、これまでの集大成とも言えるジャンル分け不可能な作品を作り上げたワン監督。いくら成功しようとも決して同じ場所に留まらず、進化し続けるワン監督の現在地を、ぜひ劇場で確かめてほしい。

『マリグナント 狂暴な悪夢』
11月12日公開

access_time create folder映画

レイナス

おもにホラー通信(horror2.jp)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧