思わずにやける臨場感! 世界初の8K HDR対応&120°広視野角のVRヘッドセット 「Xperia View」レビュー

access_time create folderデジタル・IT

ソニーが11月19日に発売するVRヘッドセット「Xperia View」のレビューをお届けします。対応するスマートフォンの「Xperia 1 III」「Xperia 1 II」を装着することで、世界で初めて*“8K HDR映像”を“対角120°”の広い視野角で視聴できるVRヘッドセットです。
*スマートフォンを活用したVR視聴体験において。2021年10月26日時点、ソニー調べ。

Xperia Viewは、本体とヘッドバンド、Xperiaを取り付けて本体に装着するカバーから構成します。

8K HDR映像を対角120°視野角のVR映像として楽しめる秘密は、「ヘッドセットのレンズ」と「Xperiaのパワー」にあります。それぞれの要素を詳しく見ていきましょう。

独自開発のレンズがもたらす自然でクリアな映像体験

左右の丸いレンズをのぞき込むように見る一般的なVRヘッドセットと異なり、Xperia Viewは目の前に広がる大きなレンズを見られるのが構造上の大きな特徴です。

レンズは独自設計で、中心の視野角は高精細に光を集光する非球面レンズ、周辺視野部には高い集光効率を持つフレネルレンズという、2種類のレンズが一体になったハイブリッド構造になっています。これにより、視野の中心はクリアに見えつつも、120°の広い視野角で周りの映像も自然と目に入り、空間の広がりが感じられるのです。大きなレンズはXperiaの大画面をすっぽり覆うサイズで、ディスプレイの映像を余すことなく、明るく目に届けてくれます。

Xperiaのパワーがリアルな映像を実現

リアルなVR体験の中核を担うのが、Xperiaのディスプレイ。今回使用したXperia 1 IIIの約6.5インチ4K* HDR対応の有機ELディスプレイは、リフレッシュレート120Hzで、高精細で残像感が少ないクリアなVR視聴体験をもたらしてくれます。
*水平3840画素×垂直1644画素(SID規格に基づく)。

セットアップはとても簡単です。専用アプリ「Xperia Viewアプリ」を起動したXperiaをカバーにセットして、カバーを閉じるだけ。

アプリ単体では全画面で映像を再生するのですが、スマートフォンの近接センサーがふさがれるとヘッドセットに装着されていると認識。サイドバイサイドで映像を再生し、VR映像として視聴可能になります。

Xperiaは8K動画をデコード処理して、片目2K相当の映像を4Kの21:9シネマワイドTMディスプレイに表示し高精細なVR映像を視聴できるのがポイント。一般的なVRヘッドセットと比べて、圧倒的にリアルな映像が楽しめます。5G対応なので、8Kの大容量コンテンツを高速にダウンロードして、高性能CPUで大容量データをデコード処理できるのも強みです。

ラクラク装着&カンタン操作

ヘッドセットを装着してみましょう。ヘッドバンドは一度長さを調整したら、あとは頭の上からすっぽりかぶるだけなので装着はラクチンです。重量はスマートフォンを除いて約400gと軽量。「さあ、VR見るぞ」と気負わずに、サッと手に取って装着できる手軽さを実現しようという設計思想が感じられます。

顔面が接するフェイスパッドは適度に密着し、視界を包み込みつつも圧迫感のない付け心地がうれしいところ。一般的なVRヘッドセットのように、目の周りが常にギュウギュウ押さえつけられるような不快感がありません。

アプリはタイル状のメニューが左右に並んだインタフェースで、左右にカーソルを移動して決定するシンプルな操作方法。

カーソルは左右に首を振る動作やスマートフォンの音量キーで操作でき、決定はカメラキーを押す、あるいはカバーを指先でトントン叩く操作で実行可能。

本体とカバーの間には、音量キーやカメラキーを押して操作できるようにスリットが設けられています。

装着がラクで操作はカンタン。“ふだん使いできるVRヘッドセット”として理想的なのではないでしょうか。

鮮烈なVR体験に驚き!

8K HDRの映像を実際に視聴してみました。VRコンテンツの体験は、一言で言えば“鮮烈”そのもの。レンズを通して見る映像は明るく色鮮やかで、強い印象を残します。デモで視聴した8K HDRの360°VR映像「ハウステンボス」は、ライトアップしたカラフルな傘が頭上に並ぶシーンからスタートし、あまりの美しさに口を開けてキョロキョロ見回してしまいました。首を振っても高リフレッシュレートのディスプレイならブレや遅延をほとんど感じないので、クリアに映像を楽しめます。

さらに特筆すべきなのは、120°の視野角がもたらす解放感と臨場感。目の前に広がる長崎の空に、「久しぶりに旅に出たい!」と、強く旅情がかきたてられたことをご報告しておきます。

他に「にゃんにゃんパラダイス/猫楽園」ではモフモフのネコたちに囲まれて口元が緩んでしまい、デモ用のダンス映像では、目の前で繰り広げられる迫力のパフォーマンスに興奮。ネコの毛が顔に触れそうな臨場感、ダンサーの衣擦れの音が聞こえてきそうなリアルさは、Xperia Viewならではの新しい体験と感じました。使ってみると、次から次へと新しいコンテンツを体験したくなるはず。VR動画配信サービスとしては、「DMM動画」、「360Channel」に対応し、充実したVRコンテンツが楽しめます。

Xperia View発売日の11月19日からは、乃木坂46による8K HDRの高精細なVR特典映像を期間限定で無料配信するという太っ腹なキャンペーンを実施するので注目。すぐそこにメンバーがいるようなドキドキ感が味わえますよ!

Xperia View x 乃木坂46 | Xperia View スペシャルサイト | Xperia(エクスペリア)公式サイト

高精細で広視野角のVR映像が、初心者でも気軽に楽しめるXperia View。是非Xperia 1 IIIやXperia 1 IIのディスプレイで8K HDRの新しいVR映像を体験してみてください。

Xperia Viewは11月19日に発売し、市場推定価格は3万円前後(税込)。Xperia Viewに加えて、Xperia 1 IIIまたはXperia 1 IIを期間内に購入した人を対象に、1万円をキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。購入期間は2021年10月26日(火)から2022年1月10日(月)。

Xperia Viewと対象Xperiaの購入で¥10,000キャッシュバックキャンペーンキャンペーン | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia View スペシャルサイト | Xperia(エクスペリア)公式サイト

Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー) | Xperia(エクスペリア)公式サイト

access_time create folderデジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧