学芸大青春、ニューアルバム『PUMP YOU UP!!』詳細発表 収録曲「HOLD US DOWN」MV公開

access_time create folderエンタメ
学芸大青春、ニューアルバム『PUMP YOU UP!!』詳細発表 収録曲「HOLD US DOWN」MV公開

 学芸大青春が、12月1日に発売する2ndアルバム『PUMP YOU UP!!』収録内容の詳細が、公開された。

 2次元と3次元を行き来する本格派ダンス&ボーカルグループ「学芸大青春(ガクゲイダイジュネス)」。アルバム『PUMP YOU UP!!』は、これまでのCDパッケージ同様に3タイプで発売される。2021年に発表された楽曲に加えて、TOKYO FM『DIG GIG TOKYO!』で音源初解禁となり、11月12日には先行配信リリースも決定した新曲「Sugar」を含めた、未発表曲7曲、全13曲を収録。そして、タイトルから想起されるバルーンに埋もれた3次元の学芸大青春が印象的な写真が、ジャケット写真だ。

 完全生産限定盤A(TypeA)は、これまで2次元と3次元を行き来する活動を行ってきた学芸大青春が、初めて3次元の姿をファンの前で生披露し、また7月に新型コロナウイルスに感染していたことをMC中に発表したことでも話題を呼んだ9月5日のKT Zepp Yokohamaでの【3rd LIVE TOUR ‘Hit your City!!’ supported by BREAK OUT 神奈川公演】の模様をノーカットで収めたBlu-rayを付属。完全生産限定盤B(TypeB)は、【3rd LIVE TOUR】やミュージックビデオ撮影など、この夏の学芸大青春の活動のオフショットを集めた写真集を、雑誌・ZINEのような仕様で60P / B5サイズにまとめたPhoto Book付きとなっている。

 全国各地のCDショップでの購入特典も併せて発表となり、またこれら3形態を同時に予約すると、先着共通特典として「アザー mini Photo Book」と称した、32P / B5サイズの新たな写真集が付与されることも発表。さらに、これまでのCDパッケージ同様、特典が抽選で当たる「シリアルコード」も全てのパッケージの初回仕様に封入される予定だ。

 また、アルバム『PUMP YOU UP!!』収録楽曲の一つでもあり、【3rd LIVE TOUR】のオープニング楽曲でもあった「HOLD US DOWN」のライブ映像が使用されたミュージックビデオが、オフィシャルYouTubeで公開された。AR技術を駆使し、まさに2次元と3次元を行き来するパフォーマンスを行った【3rd LIVE TOUR】の興奮が凝縮された1曲となっている。

 10月16日には、TOKYO FM主催【第16回渋谷音楽祭2021 ~SHIBUYA MUSIC SCRAMBLE~】に出演が決定している学芸大青春。LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催されるこのイベントで、学芸大青春はアルバム『PUMP YOU UP!!』のリード曲でもある「Sugar」を初パフォーマンスする予定となっており、さらにまた大きな発表を控えている。チケットは渋谷音楽祭のHPで販売中だ。

 なお10月20日の深夜には、テレビ朝日系音楽番組『BREAK OUT』で、学芸大青春の特集が放送される予定だ。「HOLD US DOWN」のライブ映像や、9月に出演した【ダンマスワールド3】のパフォーマンスの模様など、ダンス&ボーカルグループとしての学芸大青春の魅力に迫った特集となっている。

◎リリース情報
アルバム『PUMP YOU UP!!』
2021/12/1 RELEASE
<通常盤(CD Only)>
VOYZ-26 / 3,200円(tax in.)
<完全生産限定盤A(CD+BD) >
VOYZ-22,23 / 7,600円(tax in.)
<完全生産限定盤B(CD+Photo Book) >
VOYZ-24,25 / 6,500円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

<ライブレポート>YUKIが全国ホールツアー完走、東京ガーデンシアターでファイナル
TOMORROW X TOGETHER、日本1st EP『Chaotic Wonderland』コンセプト第2弾発表
大橋ちっぽけ、ミニALより「沈黙の少年」ライブミュージックビデオ公開

access_time create folderエンタメ

Billboard JAPAN

国内唯一の総合シングルチャート“JAPAN HOT100”を発表。国内外のオリジナルエンタメニュースやアーティストインタビューをお届け中!

ウェブサイト: http://www.billboard-japan.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧