GReeeeN「キセキ -あの日のソビト-」舞台化!崎山つばさ・立石俊樹・太田将熙・岸本勇太・里中将道インタビュー「僕らが作る道に導いて舞台として奇跡を」

access_time create folderエンタメ

人気ボーカルグループ『GReeeeN』の話を元に製作され、大ヒットを記録した映画「キセキ -あの日のソビト-」を初舞台化し、10月22日(金)~11月7日(日)紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA 、11月11日(木)~12日(金)COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールにて上演されます。いよいよ来週と迫った本番に向け、稽古風景とキャストインタビューをお届けします。

GReeeeNは、メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中のボーカルグループで、2020年にはNHK紅白歌合戦に出場を果たしました。映画は2017年に公開され、大ヒットを記録。本舞台は、その映画を元に「キセキ」や「道」などGReeeeNの名曲を圧巻の生バンドに乗せ、歌自慢の俳優たちが生歌でお届けします。

GReeeeNのプロデューサーであるJINを務めるのは崎山つばささん。GReeeeNのリーダーでJINの弟・HIDEを立石俊樹さん、naviを太田将熙さん、92を岸本勇太さん、SOHを里中将道さんが演じます。

本作では、GReeeeNメンバーはもちろん、崎山つばささんの歌唱シーンも! 本番に向け、熱い芝居に加え、どんな歌声が披露されるのか期待が高まります!

――稽古中の印象的なエピソードは?

立石:毎日笑っていますね。

太田:JINさんは結構クールな人じゃないですか。つばさくんは、稽古のときはあまり笑ってないですよね。

崎山:いやいや、笑ってるよ。マスクの下はすごいニヤニヤしてるからね。

太田:JINプロデューサーから見ての変化はありますか?

崎山:でも、前の稽古よりGReeeeNメンバーが仲良く楽しそうで、それがすごく嬉しいし、少しさみしい気持ちもあるんだけど(笑)。でも稽古場を明るくしてくれるのは間違いなくGReeeeNメンバーだなと思うからすごく良いことだなと感じています。

立石:嬉しいですね。

太田:昨日も深夜にグループLINEでくだらない話をしていました。そういうくだらないやり取りも、本当のGReeeeNさんたちも経験してきていると思うから、稽古で出せるもの以外でも、4人の関係値を今すごく作れているよね。それが、稽古にも自然と出てくるようにもなってきている。

崎山:ある4人のシーンのアドリブが、すごいくだらなくて。でも俺はそれが良かったんだよね。リアクションまでつまらないんだけど、そこが良いのよ(笑)。

立石・太田・岸本・里中:(笑)

太田:めっちゃGReeeeNっぽいな、と思ったのが、歌稽古の時間が取れないときもあったりするんですよ。そのときに、92役の勇太くんが「時間がないから、俺たちで空いている時間でやっちゃうか」と4人で集まって、「今のハモリが」とか言い合ったのは、すごくGReeeeNっぽいと思いました。

岸本:確かに。

立石:あの場で色々生まれましたね。

太田:芝居のこともそうだし。すごく良かったですね。

岸本:そこから生まれていくものがありますよね。

太田:あとJINさんは後半に熱く訴えかけてくるシーンがあるんですけど、あの場面がすごく心に刺さって。本当につばさくんがプロデューサーというか、すごく思いを込めて言ってくれているのが伝わってきて、めっちゃグッときます。それが毎公演やることでさらに変わっていくのかなって。そこに持っていくために、やっぱり僕らが、より楽しそうにしている部分を作っていかなければいけないのかなと思います。

――来週より本番が始まります。意気込みをお願いします!

里中:もうちょっと待ってください!

立石:頑張って間に合わせます(笑)。

岸本:その気持ちは間違いない(笑)。

太田:めちゃくちゃ本当に仲が良いので、仲が良い男の子たちの日常生活みたいなところが垣間見れつつも、音楽と医者で苦悩や葛藤している裏のGReeeeNさんの一面を見れると思うので、GReeeeNさんのファンの方はもちろん、GReeeeNさんの音楽を知っているけど本人たちのことは詳しく知らないという方にも楽しんでもらえたらいいなと思います。

岸本:本当に色々なことに挑戦しているので、観に来てくれる人たちや楽しみにしてくれている人たちに、頑張って突き進む姿を見てもらって、「色々あるけど頑張ろうかな」と思ってもらえるように、僕らも楽しみたいと思います。

立石:音楽劇「キセキ-あの日のソビト-」をやると決まったときの嬉しさや、自分が大好きでたくさんお世話になったGReeeeNさんの楽曲たち、そして物語を背負えるか、というのを稽古終盤にきて改めて再確認して過ごしていきたいと思っています。GReeeeNさんの知らない一面をこの舞台で知ってもらったり、知っている方にも、GReeeeNが出来上がった奇跡を改めて感じてもらえる舞台にしたいと思います。

崎山:僕らの声を聴いて、そして僕らが作る道に皆さんを導いて、舞台として奇跡が起こればいいなと思います。

GReeeeNの楽曲で好きな曲は?

GReeeeNの楽曲で好きな曲、思い出に残っている曲についても聞きました!

崎山つばさ「歩み」
前奏のヴァイオリンがすごく好き。あとジャケットも好きで印象的です。

立石俊樹「キセキ」
学生時代にとにかくPVを観まくっていて、学生の自分と重なって毎日頑張っていた。

太田将熙「キセキ」「愛唄」
学生時代に「愛唄」を無料ダウンロードできるタイミングがあって思い出に残っているが、今回の稽古ですごく「キセキ」が好きに。

岸本勇太「遥か」
上京してきたときに新幹線の中で聴いていたので思い出深い。

里中将道 「遥か」
卒業式のときにグラウンドに居たら、たまたま「遥か」が流れてきて祝ってもらったように感じた。

生バンド・生歌でお届けする音楽劇「キセキ-あの日のソビト-」は、来週10月22日(金)より開幕です!

公演概要

【イントロダクション】
4人組人気ボーカルグループ『GReeeeN』の話を元に製作され、大ヒットを記録した映画「キセキ -あの日のソビト-」を初舞台化!
歯医者と歌手という二つの夢を全力で追いかける仲間、兄弟との絆やその家族を描く⻘春ドラマ。
舞台ならではの演出、圧巻の生バンドと生歌でつくり上げる。

【あらすじ】
厳格な父・誠一(羽場裕一)の反対を押し切って音楽の道に進んだJIN(崎山つばさ)。
メジャーデビューするもなかなか思うようにいかない。
あるとき、父の期待に応え歯科医を目指していた弟のHIDE(立石俊樹)とその仲間、navi(太田将熙)、92(岸本勇太) 、SOH(里中将道)らに音楽の才能があることに気付き、彼らに自分の夢を託す。
そして、歯科医を目指しつつ音楽も諦めたくないということを父に言い出せない彼らは、顔を出さずにCDデビューしようと考えるが…。

【音楽劇「キセキ-あの日のソビト-」】
原作:映画『キセキ-あの日のソビト-』
脚本・演出:吉谷晃太朗
出演:崎山つばさ、立石俊樹、太田将熙、岸本勇太、 里中将道
大石敦士、朝倉ふゆな/遠山景織子/羽場裕一
ダンサー(五十音順):荒川湧太、宇田川太雅、加藤木風舞、武中隆之介
日程:
東京公演:2021年10月22日(金)~11月7日(日) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
大阪公演:2021年11月11日(木)~11月12日(金) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
チケット価格: 9,500円(税込、全席指定)
■オフィシャル最速先行 9月13日(月) 18:00~
URL:https://eplus.jp/kiseki-hp/

<スタッフ>
音楽:tak
振付:伊藤今人(梅棒)
美術:土岐 研一
照明:加藤学(ブルーモーメント)
音響:谷井貞仁(ステージオフィス)
ヘアメイク:西村裕司(earch)
衣装:高山良昭(ヒカリトカゲ)
歌唱指導:水野里香
演出助手:國重直也
現場制作:アンデム
舞台監督:林和宏(H9plus)
制作:ポリゴンマジック
主催:音楽劇キセキ製作委員会
公式サイト: https://kisekistage.com[リンク]
公式Twitter: https://twitter.com/kisekistage
(C)音楽劇キセキ製作委員会

関連記事:
『キセキ ーあの日のソビトー』注目イケメン俳優・成田凌インタビュー「ネクラなので役の様には盛り上げられないです」
https://otajo.jp/66458

動画レポ:新たなセバスチャン(立石俊樹)とシエル(小西詠斗)の圧倒的存在感に魅了される『ミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密~』千秋楽LV・ライブ配信実施
https://otajo.jp/98091[リンク]

【撮り下ろし写真満載】『ドリフェス!』 DearDreamロングインタビュー 「作品と僕らはリンクしている」
https://otajo.jp/65639[リンク]

access_time create folderエンタメ

non

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧