チャン・グンソク 除隊後、初のライブをTBSチャンネル1でテレビ初放送!『2021 チャン・グンソク Online Summer Live -Keun Night-全曲ノーカット版&独占インタビュー』

access_time create folderエンタメ

株式会社TBSテレビ(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木卓、以下TBS)が運営するCS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」では、チャン・グンソクが、8月28日に韓国で開催した初のオンラインライブ『2021 チャン・グンソク Online Summer Live -Keun Night-』を全曲ノーカットでテレビ初独占放送する。

こんなチャン・グンソクを見るのは初めてかもしれない。
除隊後初、約3年半ぶりのライブである。
颯爽と登場し、気心の知れたJKSバンドを従えて今年発売された「Emotion」を歌い上げるチャン・グンソクが合間のトークで語ったのは「緊張した」という正直な気持ちだった。
独占インタビューでチャン・グンソクは
「(オンラインライブでは)会場での感動を100%伝えることはできないはず。
100%に近い、最大限を具現するのが課題でした。歌う時のライブ感、そして作り上げず、荒削りな感じをそのまま伝えること、『自然な雰囲気のステージをお見せする』ということが 一番の目的」と語っている。
誰よりも強い気持ちでこのオンラインライブに向き合っているからこその緊張なのだろう。
その気持ちが詰まったライブは圧巻だった。
予定になかった過去の人気曲をアカペラで披露して見せたのは、その溢れ出る気持ちのあらわれであろう。
「実際には会えないけど、それぞれが抱く会いたい気持ちや、切ない思いを表現する時間。そして少しでもそういう気持ちを解きほぐす時間」とインタビューで語る彼が自分と向き合い、そしてファンに向けて作った数々の楽曲が届けられる。
「雨恋」や「Day by day」などのライブ初披露の曲はもちろん、久しぶりに披露される名曲を存分に心で感じてほしい。
さらに、多才な彼があちこちに散りばめた遊び心やサービス精神あふれる演出に心を躍らされる。
興奮のライブと共に、ほかではあまり見ることがないボリュームたっぷりの独占インタビューも追加されるスペシャルな時間、
CS放送TBSチャンネル1でのテレビ初独占放送を、ぜひお楽しみに!
【収録:2021年8月28日(土)韓国】
■放送概要
『2021 チャン・グンソク Online Summer Live -Keun Night- 全曲ノーカット版&独占インタビュー』
〈放送チャンネル〉CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」
〈放送日時〉
2021年9月26日(日)午後7:30~午後9:30【テレビ初独占放送】
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/o2586/

 

●CS放送「TBSチャンネル1 最新ドラマ・音楽・映画」とは
TBSの人気番組が満載!ドラマ「逃げ恥」「恋つづ」「ぎぼむす」「SPEC」「渡る世間は鬼ばかり」「水戸黄門」、AKB48グループ&乃木坂46オリジナルバラエティ、音楽ライブ、新作アニメ&特撮、プロ野球、映画、演劇&舞台、話題の韓ドラ&K-POPなど“見たい番組が必ずある”総合エンタメチャンネル!
●視聴方法
スカパー!(CS296)、スカパー!プレミアムサービス(Ch616)、J:COMほか全国のCATV、ひかりTV、auひかりなどでご覧頂けます。

The post チャン・グンソク 除隊後、初のライブをTBSチャンネル1でテレビ初放送!『2021 チャン・グンソク Online Summer Live -Keun Night-全曲ノーカット版&独占インタビュー』 first appeared on Hwaiting!/ファイティン!.


関連記事リンク(外部サイト)

Stray Kids日本の音楽誌初表紙!『ぴあMUSIC COMPLEX(PMC)Vol.21』表紙ビジュアル解禁!
SUPERNOVA(超新星)、9th ALBUM『CLOUD NINE』よりアルバム全曲ダイジェストが公開!
K-POPガールズグループ【OH MY GIRL】が9月22日ニコ生に生出演!ニューシングル『Dun Dun Dance Japanese ver.』発売を記念して2ヶ月連続で特別番組の放送が決定!

access_time create folderエンタメ
local_offer
Hwaiting!

Hwaiting!

韓流エンタメのニュース&マガジン Hwaiting!/ファイティン! ~K-POP、ドラマ、映画から、ダンスやファッション、アートやコミックまで。ますます広がるK-カルチャー情報をお届け~

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧